NEXCO西日本 Drive.Escort

知っとる?ハイウェイ♪

2013年

8月30日(金)

知っとる?ハイウェイ♪第72回~舗装の違いって知っとる?~

さて、毎月最終週はハイウェイに隠された謎や秘密を紹介しちゃおう!というコーナー、知っとる?ハイウェイのコーナーです。
第72回目となる今回も、知ってるようで知らなかった?高速道路の素朴な疑問にお応えします。それでは早速いってみましょう!

知っとるNO.72
「高速道路の舗装の違いって知っとる?」

今回は、備前市の「アマンダ」さんから、こんなお便りをいただいています。
「森本さんこんにちは。良く高速道路を利用しているのですが、ある事を発見しました!高速道路の舗装で黒い舗装と白い舗装があるのを見つけたんですが、この2種類の舗装って何が違うのでしょうか?理由があるのでしょうか?」

そうそうそう!
確かに、ところどころ舗装の色が違う所、ありますよね?
アマンダさんに言われて私も気になってきました!

ということで、さっそく、お話を伺ってきましたよ。

お話を聞いたのは、ネクスコ西日本中国支社 改良課の米耒 哲之さんです。
高速道路の舗装で、黒色の舗装と白色の舗装があるのですが、これって何が違うのでしょうか?

ご質問いただきました 黒色の舗装というのは、アスファルト舗装で白色の舗装はコンクリート舗装のことと思います。
アスファルト舗装は、平坦性や補修の安易さなどに優れた特徴を持ち、高速道路の大部分を占めております。
また、コンクリート舗装は、摩耗に強く轍ができにくい特徴を持ち、大型車両の交通量が多い箇所に使用しております。

なるほど、通る車によってや修理のしやすさを考えられて、舗装が使い分けられているんですね~。

そういえば、もうひとつ疑問があるんですが、トンネルの中ってまた違った舗装だったような気がしませんか?

気になったので、引き続き、米耒さんにお聞きしました。

トンネル内に使用しております舗装は先程、ご説明させていただいた2種類とは違うコンポジット舗装を使っています。
このコンポジット舗装は、アスファルト舗装が持つ良好な走行性や補修の安易さと、コンクリート舗装の持つ構造的な耐久性など、両者の長所を併せ持つ舗装となっております。

へ~。トンネルに使われている舗装にはこんな秘密があったんですね。
色々と考えられその場所にあった種類の舗装を使われているんですね~。
今度、高速道路を走る時は、こんな舗装の事に注目してみても面白いんじゃないでしょうか?

…というわけで今回の知っとるハイウェイは、「高速道路の舗装の違い」についてご紹介しました。
是非皆さんも日頃気になる高速道路の疑問があればドライブエスコートまで送ってください。
以上、知っとるハイウェイでした!