NEXCO西日本 Drive.Escort

知っとる?ハイウェイ♪

2014年

9月26日(金)

知っとる?ハイウェイ♪第82回
~ハイウェイオアシスって知っとる?~

さて、毎月最終週はハイウェイに隠された謎や秘密を紹介しちゃおう!というコーナー、知っとる?ハイウェイのコーナーです。
第82回目となる今回も、知ってるようで知らなかった?高速道路の素朴な疑問にお応えします。それでは早速いってみましょう!

知っとるNO.82(エイティーツー!)「ハイウェイオアシスって知っとる?」

今回は、岩国市の「ショパン」さんから、こんなお便りをいただいています。
「森本さんこんにちは。
先日、高速道路を利用している時に、ハイウェイオアシスというものを目にしたのですが、ハイウェイオアシスってどんな施設なんですか?」

最近高速道路は、とっても便利で快適な空間になってきていますが、今度はハイウェイオアシスですか。
いったいどんな施設なんでしょうね。早速お話を伺ってきましたよ。

お話を聞いたのは、ネクスコ西日本中国支社、事業調整課の 坂下 涼子さんです。
坂下さん、ハイウェイオアシスっていったいどんな施設なんですか?

坂下)ハイウェイオアシスは、高速道路のインターチェンジを出ることなく、サービスエリア・パーキングエリアから直接アクセスできるレクリエーションの施設です。
サービスエリアやパーキングエリアに隣接した都市公園と一体的に整備したものや、サービスエリア・パーキングエリアを活用した地域拠点整備事業として整備したものがあります。
また、隣接した施設にETCを利用したスマートインターが設置されているところもあります。
中国地方には8月9日にオープンした加茂岩倉ハイウェイオアシスが松江自動車道の加茂岩倉パーキングエリアにあります。

なんだか高速道路がますます地域に密着してるって感じがしますね。
それにしても、高速道路から歩いて行ける施設が中国地方にできたなんてっ!
もっと詳しく知りたいですよね♪
坂下さん、お願いします。

坂下) はい。 この度、高速道路から歩いてアクセスできるようになった施設は「国指定史跡の加茂岩倉遺跡」です。ここ加茂岩倉遺跡は39個の国宝となった銅鐸の出土で知られており、ハイウェイオアシス内の加茂岩倉遺跡公園駐車場からは約800メートル、徒歩約15分の場所にあります。
遺跡の傍には解説パネルや銅鐸のレプリカの展示等がある施設もあります。今後は、駐車場から遺跡までを周回できる遊歩道や休憩所の整備なども計画していますし、高速道路を活用した、交流の場になってくれたらと思います。
なお、天候などによりハイウェイオアシスから加茂岩倉遺跡にアクセスできないことがあります。休館日やご利用可能時間などと併せまして、加茂岩倉遺跡ウェブサイト等で事前に確認のうえ、お出かけしていただければと思います。

私も興味があって施設のことちょっと調べてみたんですけど、遺跡の解説パネルや銅鐸レプリカの展示等充実しているのはもちろんですが、散策コースが整備されていて遺跡周辺の散策も楽しめるみたいですよ。それに出土時の様子を再現した模型なんかも設置されていて当時を顧みることもできるんですって。
地域のこういった施設に高速道路から歩いて行けるなんて嬉しいですよね。
これからの時期は紅葉も楽しめちゃうかも♪

…というわけで今回の知っとるハイウェイは、「ハイウェイオアシス」についてご紹介しました。
是非皆さんも日頃気になる高速道路の疑問があればドライブエスコートまで送ってください。
以上、知っとるハイウェイでした!