松本裕見子のDearWoman

子育ての中での仕事


149回目は、
香月産婦人科をはじめとする
香月関連会社の 経理・一般事務を担当する
山本奈々さんにお越し頂きました。
結婚を機に出身地の福岡から広島にきて、
5年前に香月産婦人科のコンシェルジュとして働きはじめました。
妊娠後、一度退職をし
2人目を出産後からまた経理担当として働いていらっしゃいます。

現在、4歳息子さんと2歳娘さんがいるお母様。
まだまだ大変な子育て中に
働きはじめてよかったことを聞いてみました。
ワンオペでずっと子どもと24時間向き合っていた時と比べると、
子どもたちにガミガミする時間が
減ってきたように思いますと山本さん。
外にでて職場の人と話したり、
子育ての悩みをきいてもらうことで
自分の気持ちが整って、子どもたちにも
大きな気持ちで向き合えるようになったそうです。
そして、職場には保育園があるので
2歳の息子さんと一緒に出勤できるのも
大きなメリットなんだとか。
子育てしながら働くには、
働く環境も大事ですね。

お仕事である経理の仕事については
会社のお金を動かすこともあるので緊張します。ミスができません。
同じ職場でも以前はコンシェルジュだったので最初は数字をみていると、
頭が痛くなっていたそうですが
事務の仕事をしてみて、コンシェルジュのときには
見えなかった縁の下の力持ちの仕事をしり、
事務方の仕事があるから会社は成り立っているということも
実感できたそうです。

それが今のやりがいとなっていますとおっしゃいます。
イキイキとした表情に充実したお仕事ぶりが伝わってきました。
精神的に行き詰まってしまう時もありましたが
相談したり助けてもらったり、
まわりを頼りにすることで
自分らしく輝いていきたいという山本さん。
本当に素敵ですね。






TOP