ごぜん様さまブログ

今日のゲスト!

月曜日

image

オフモードの廣瀬コーチ


今日の「安仁屋宗八の直球勝負」のコーナーには
カープの廣瀬純1軍外野守備・走塁コーチをスタジオにお迎えしました。
廣瀬コーチ、今日は「おはようラジオ」から続いての出演。
早朝からありがとうございます。

今日は廣瀬コーチに今季のベストゲーム2試合と
ワーストゲームを選んでもらいました。
廣瀬コーチが選んだベストゲームは
4月17日の熊本での巨人戦と5月3日のマツダスタジアムでの巨人戦でした。

4月17日の試合は2点ビハインドの最終回に打線がつながり、
最後は2アウト2塁の場面で石原選手が決勝のタイムリーで勝利した試合。
廣瀬コーチも思わず三塁コーチャーボックスで
石原選手と同じようにガッツポーズをしたそうです。

チームは開幕から調子が上がらない中、
この試合(この一打)で、本来のカープのつなぐ野球が戻ってきた…と感じたそうです。
実際チームはこの試合から怒涛の8連勝で、開幕からの借金を返済しました。

そして5月3日の巨人戦、
この試合はコーチとして非常に印象に残っている試合だったそうです。
覚えている方も多いと思いますが、
3-3の同点で迎えた8回ウラ一死一、三塁で西川選手の浅いレフトフライで
三塁走者の曽根選手が生還し、勝ち越しに成功した試合です。

ゴーサインを出すまでには様々な状況判断と相手の分析があり、
曽根選手にも「責任は全部自分が取るから…」と言い
少々浅いフライでも行くぞと伝えていたそうです。
当事者から真実や裏話を聴けたのは大変興味深かったですね。

そして、廣瀬コーチにあえてワーストゲームを選んでもらいました。
廣瀬コーチが選んだ試合は9月19日横浜でのDeNA戦。
そうです。7点差をひっくり返されたあの試合です。
(ソト選手に3ラン、梶谷選手に代打満塁HR、そしてソト選手サヨナラ3ランを食らった試合)
さすがに試合後のナインは沈んだ様子だったそうです。

DeNAは来季は筒香選手が抜けるので、
少しは戦いやすくなるのでは?と水を向けると
「筒香が抜けても梶谷がケガから復活しているし、いい選手がたくさんいるので
 難しい相手に代わりは無い…」とおっしゃっていました。

廣瀬コーチ、コーナーの最後には
「来季は優勝し、また優勝旅行に行きたい」と力強く宣言してくださいました。
安仁屋さんからは「佐々岡新監督を支えて、必ず優勝して…」との激励。
春季キャンプ、開幕と今から楽しみです。
廣瀬コーチ、今日は長時間ありがとうございました。


PR

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
PR

TOP