ごぜん様さまブログ

故・古葉竹識さんをしのぶ

月曜日

image

安仁屋さんがプロ初勝利を挙げたときの貴重な写真には古葉さんの姿も


今日の「安仁屋宗八の直球勝負」では、安仁屋さんに
先日亡くなったカープの元監督、古葉竹識さんの思い出を
たっぷりと語っていただきました。
安仁屋さんがカープに入団されたとき、古葉さんは現役の遊撃手。

新人の安仁屋さんは、古葉さんに「絶対に逃げるな。俺のところに打たせろ」と言われ
右打者の内角をどんどん攻めるようになったそうです。
安仁屋さんが常日頃「内角を攻めろ」と言われているのは
古葉さんの言葉がきっかけだったんですね。


image

安仁屋さんがプロ初勝利を挙げたときの写真。左から当時の長谷川監督、そのとなりが安仁屋さん。そのとなりが古葉さん、そのとなりが阿南さん。


この写真、桑原さんも言われていた通り
カープ博物館があれば必ず展示されるような貴重な写真です。
1964年6月14日の広島市民球場での巨人戦。
安仁屋さんはプロ2度目の先発で、9回1失点で初完投・初勝利を挙げました。
この試合も古葉さんは華麗な守備を見せてくれたことでしょうね。

そして、安仁屋さん、入団当時はグランド外でも
古葉さんにお世話になったそうで、
「男一人じゃさみしいだろう」と
何度か古葉さんの自宅に招かれて、古葉さんの奥さんの手料理と、
「すき焼き」をお腹いっぱい、ごちそうになったそうです。

安仁屋さんが阪神からカープに帰ってくるきっかけも、
当時監督だった古葉さんからの声掛けだったとのこと。
安仁屋さんご自身も「今の私があるのは古葉さんのおかげ」と言われていました。
安仁屋さんと古葉さん、何か見えない糸でつながっていたんですかね…

コーナーの最後に安仁屋さんが
「お別れは言いません。古葉さんはこれからも私の心の中でずっと生きているから…」と
言われました。
安仁屋さんにしか言えない重い言葉でした。

改めて古葉さんの冥福をお祈りします。


PR

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
PR

TOP