ごぜん様さまブログ


広島市中心部では「街の本屋さん」が相次いで姿を消していますが、
コロナ禍の今、書店業界は、どんな様子なのでしょうか?
ということで、今日の「ごぜん様通信」は、尾道市に本社を置く、
創業90年の老舗書店「啓文社」の手塚淳三社長にお話を伺いました。

素人目に、コロナが及ぼす書店業界への影響を懸念していましたが、
実は、巣ごもり需要で「啓文社」の書店は賑わっているそうです!
外出しにくい中、長編小説が改めて評価されたり、
メガヒット作品『鬼滅の刃』効果が凄かったそうです。

ところで、随分前から“活字離れ”なんて言葉をよく聞きますが、
シンクタンクによると、インターネットやスマホの普及で、
以前よりもむしろ活字に触れている…との調査結果も出ています。
デジタルツールなど選択肢は増えても活字自体は衰退していない…と手塚社長。
一方で、紙ならではの良さを求める読者も沢山いらっしゃるため、
出版社から返品される在庫を買い取って、デパートやスーパー、ホームセンターなど
各地の催事で安価で手にしてもらう『アウトレットブック』事業にも注力。
地域の人たちのニーズを取り入れながら、文化の発信拠点として努められています。

欲しい本がクリック1つで手元に届く便利な世の中ですが、
一方で、未知の1冊との偶然の出逢いは、リアル店舗ならではの醍醐味!
しばらく足が遠のいていた「街の本屋さん」、
久しぶりに覗いてみてはいかがでしょうか?


PR

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
PR

TOP