ごぜん様さまブログ


今日の「ごぜん様通信」は、もっと竹原が好きになるはず!
たけはら町並み保存地区で開催中の「障壁画プロジェクト 完成披露展」を企画された「瀬戸内海エコツーリズム協議会」の谷本理恵子さんと、障壁画を描いた有田大貴さんにお越しいただきました!

この「障壁画プロジェクト」、全国から公募した若手アーティスト3人に、約1ヶ月間竹原に滞在してもらい、それぞれが感じた「竹原の町」を描いた作品展。
そもそも「障壁画」とは、襖や屏風、天井など、建物の一部に描かれた絵のことをいうそうです。。
今回の作品は、たけはら町並み保存地区にある、「旧松坂家住宅」の屏風、「旧上吉井家住宅」に展示されています。。





3人のアーティストが、どのように竹原を感じ、どう作品に込めたのか…。
実際にご覧になってみてください!
そして、竹原の町を散策してみてはいかがでしょうか?

■障壁画プロジェクト 完成披露展
場所:たけはら町並み保存地区 旧松阪家住宅(竹原市重要文化財)/旧上吉井家住宅(特別公開)
期間:~3月14日(木)まで
時間:朝10時~午後4時(入館は3時半まで)
入場料:旧松阪家住宅:300円 / 旧上吉井家住宅:無料


PR

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
PR

TOP