ごぜん様さまブログ


平成最大の豪雨災害と言われた、西日本豪雨災害から3年。
あの日以来、梅雨の雨に胸騒ぎがする方も、多いかもしれません。
県内の復旧事業は、6月末時点で97%完了した一方で、
今なお、対策が必要な危険箇所は、300カ所を超えています。復興・復旧は、道半ばです。

きょうは11時台に、元RCCラジオカーで、
三原市を中心に、パーソナリティとして活動する金田和恵さんをお迎えしました。
三原市の本郷南出身の金田さんは、
発災した2018年当時は、広島市にお住まいでした。
降り続く尋常ではない大雨に、実家は床上浸水し、ご両親は避難生活を余儀なくされました。
帰りたいと思っても、帰れない。豪雨により、道路は寸断され、交通機関もストップ。
気が気ではなかったと言います。


image

金田さんが常に持ち歩いている三原市本郷のハザードマップ


2018年に開局したばかりだった、コミュニティFM「FMみはら」では、
仲間たちが寝る間を惜しんで、物資の情報や道路情報などを伝えている。
何もできない自分が悔しかった金田さんは、1年後、地元に戻る決心をしました。
そして、地域防災リーダーの資格をとり、地域の人たちと話をして、
今も「FMみはら」で、地域に根差した情報を届けています。


image

三原市民のためのFM告知端末ラジオ。緊急情報が聞ける。市役所で配布している。


毎日悩みながらのようですが、
とにかく今は自分が地域のために、何ができるのかを考える日々だと言います。
これからは、防災士の資格をとることも考えているとか。
地域を知ると、地元の人が好きになり、守りたくなる。
あの悔しかった思いを繰り返さないように、
金田さんは、三原市で、情報を発信し続けます。

広島で、また3年前のような豪雨が襲い掛かってくるかわかりません。
最小限で被害を食い止めるために、
3年前に感じた思いを、新たにする日にしたいですね。


PR

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
PR

TOP