1. RCCラジオ
  2. HeartBeatラジオ

スタッフ日記

家族の介護をしている人は一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか?

「幸せな最期ってどんなものなんだろうか?」

介護するのが自分の親であれば、なおさら思うかもしれないですね。

番組の中でも、保田先生のお母さんの介護の話がよく登場しますが、

今週はそんな介護に関する質問をご紹介しました。


read more...

スタッフK

GWも終わりましたね。

皆さんはしっかり休めましたか?

保田先生はいつもどおり。

「先生はお休みないんですか?」とディレクターが聞いても、

「無い。いらん。」と、これまた、いつもどおりのお返事。


read more...

スタッフK

声優が高齢などの理由で交代、代変わりする作品はアリか、ナシか?

「最近のドラえもんは、オレが知ってるドラえもんじゃないよね」

保田先生は否定的。

じゃあ、こういうのはどうですか?ディレクターは他の例を上げます。

「飲食店の代替わりはアリですか?ナシですか?」

「そりゃあ、味が変わるのは無しよ。それでも懸命に先代の味を追いかける姿はいいよね」

じゃあじゃあ、こんなのはどうですか?


read more...

スタッフK

新年度が始まって、もうすぐ1か月というところですが、
保田先生のフリースクールでも、ようやく入学式が行われたそうです。
ということで、保田先生も落ち着いたのかなと思いきや、
保田先生が約束の時間になっても、RCCにやってきません。

「何かあったな」

ディレクターはそう直感しました。


read more...

スタッフK

この春、新社会人となった息子さんをもつお母さんからメールをいただきました。

「適当に働いて遊ぶ」と言う息子が心配で仕方ない、というのです。

皆さんは、自分の子供がこんなことを言ったらどう思うでしょうか?

否定的なご意見をお持ちの方は少なくないかもしれません。

ただ、「適当に働いて」から「遊ぶ」という考え方を、保田先生は否定しません。


定年まで勤め上げるのが美徳とされた、昭和の働き方。

“フリーター”という言葉が登場した、平成の働き方。

そして、コロナ禍を経て、在宅で日本中どこにいても仕事ができるようになった、令和の働き方。

さらには、テレビを見ても、転職サイトのコマーシャルを毎日のように見かける現代において、

「どう働くのか?」「どう生きるのか?」は、人の数だけ考え方があります。

まあ、心配するのは分かるんですけど、まずは息子さんを信じてあげたらどうでしょう。

あとは、息子さんが決めますよ。彼の人生ですから。


スタッフK


TOP