ヒロマツ サタデー・ピットイン

第38回 方井 周吾(株式会社広島かきドットコム 代表取締役)

海のカキと言えば…
カキフライ、土手鍋、オイル漬け…と様々な料理が思い浮かびますが、松田会長にとっては牡蠣と言えば「人」。
そんな一人が方井社長です。

広島カキをネット販売している会社だとすぐわかるという理由で付けた社名「広島かきドットコム」
カキ販売のプロとして、おいしい広島カキを多くの人に届けています。

おりづるタワーの物産店の店頭でお客さんに直接販売していたことが松田会長との出会い。
当時、カキは苦手だった松田会長がこれはうまいと克服したのが「銀の牡蠣」という商品だそうです。
※もちろん「金の牡蠣」もあります。

自分の背後には常にカキの生産者がいると感じている方井社長の強みは、いいカキを分けてくれる生産者がいるということ。
このルートこそが宝なのだそうです。

ほとばしる広島カキへの熱い思いをお聴きください。
詳しくは放送音声で。





次回のゲストも、株式会社広島かきドットコム代表取締役の方井周吾さんです。


ファイルを開く

松田哲也
松田哲也
1969年広島市生まれ 1993年神戸マツダモータース入社、在職中に阪神淡路大震災を経験する。1995年地元広島へ帰郷し株式会社広島マツダへ入社。 2006年6代目社長に就任。日本最大級の展示台数を誇る石内山田店など積極的な店舗展開を行い、経営を大きく進展させる。 2015年社長職10期の節目を機に46歳という若さで社長を後進に譲り会長兼CEOに就任、現職。 2016年広島の復興と未来を感じられる「おりづるタワー」をオープン。同年モータースポーツ事業としてレーシングチーム「HM Racers」も結成。新たな観光名所や自動車文化を創り上げる一方で、スマートフォンアプリの制作やアパレル事業、葬儀事業など多くのビジネスを手掛ける。 経営理念は「happyhappy(あなたの幸せが私の幸せ)・spechigher(誠実な努力で日々成長)」。 2009年広島青年会議所(JC)理事長、2013年広島商工会議所青年部(YEG)会長を歴任するなど地域経済の振興と社会貢献にも情熱を燃やす。

TOP