ヒロマツ サタデー・ピットイン

第21回 深川 真(株式会社マリモホールディングス 代表取締役社長)

今週は不動産業以外の話。

実にさまざまな事業を行っている。

オーガニック野菜の宅配事業。
新規就農者の離職率が高い。
背景にあるのは収益の不安定さ。
それを解決するために消費者が農家から直接買える仕組みを作った。

釣りのWEBサービスも手掛ける。
いつどこでどんな魚が釣れているのかという情報収集が難しいという困りごとを解決するため。
趣味が高じて…と話すが、その先には漁業事業者にもプラスになるような展開を考えている。

他にもNPO法人を立ち上げて婚活支援も行っていて、話題はどんどん広がっていく。

これからの「マリモ」は50%ソーシャルな会社になろう。
分かりやすく言えば、50%は金儲け、残り50%は社会貢献だそうだ。

それを体現すべく、新しい動きもある。
それは農業と福祉の連携。

収益を追い求めるだけでなく、社会貢献との両輪で動いていける企業が生き残っていくと考えている。

「3倍働いて、5倍稼いで、10倍遊ぶ」がコンセプトというの深川社長のパワーが、広島を変えていくと確信できる話が満載です。

詳しくは放送音声でお聴きください。






次回のゲストは、株式会社中国新聞社 社主 兼 取締役の山本慶一朗さんです。


ファイルを開く


TOP