1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ

今週のドライブスポットは、広島市西区にあるパン屋さん「Mehl」・・・メールです。



美味しそうなパンが並ぶこちら、広島市西区「美輪明神広島分祠」に向けての上り口、住宅街にあります。
真っ青な外壁に白文字で「M」「e」「h」「l」・・・「メール」と書いてあるのが見えます。


白馬がお出迎え

なんだか・・・ヨーロッパの香り


入口の扉には、ステンドグラスが施されキラキラと・・・
光差し込む店内に入ると・・・美味しそうなパンの匂いと甘~いスイーツの香り。



迎えて下さったのは、白いパティシエ服に身を包んだパン洋菓子製造主任:岡田茂樹さんです。


こちら「メール」は、廿日市にあるドイツ菓子専門店「フェルダーシェフ」の2号店として2010年5月にオープン。
今年でちょうど丸10年を迎えます。
マダム御用達の全国誌にも掲載されたことのあるこちら、週末は遠くからお店を目指してやってくる方も。
取材中も、忙しく厨房を出たり入ったりの岡田さん。



パンは、ドイツに限らず、バケット、クロワッサン、カンパーニュ、そしてデニッシュにアンバター、更にドイツ風カレーホットドッグ、ピザといったお菓子パンに惣菜パンも。



そんな中の一番人気はドイツの看板のプレッツェル。
一つのパンで太い所もちっとして、細い所カリッとしててっていう一つで色々食感が楽しめますよ、と岡田さん。
プレーンの他にもチーズがたっぷりかかった「ケーゼブレッツェル」もあります。


もともとケーキ職人だという岡田さん拘りのスイーツも販売しています。


ドイツ発祥のバームクーヘンや、ドイツ伝統のフルーツケーキ「リュールンバッヒャー」、
イチゴがたっぷり乗ったショートケーキ、パウンドケーキにプリン!!眺めるだけもワクワクします。
ちなみに、店名の「メール」は、パンとお菓子の重要な原料でもある「小麦粉」を意味するドイツ語なんだとか。


パウンドケーキも色々

おっきなお椀に入っているのはティラミス!



商品の特徴を記したメモは、ちっちゃなブレッツェルに挟んであります



そして買いすぎました・・・




さて、寄り道は、そのメールのパンと一緒に食べたい!スペイン産生ハム専門店にお邪魔します。
新たな憩いのスポット誕生!と話題の広島市西区「西広島駅」前、駅前ロータリーそば「レセルバ・イベリカ・ショップ」です。



バルセロナの老舗生ハム店で修業をしたオーナー:岩崎さんが、気軽にスペイン産生ハムを買って食べて欲しい、と2年前にオープン。
「見ただけでは、その美味しさはわからない。食べてみるのが一番!」と岩崎さん、店に並ぶ生ハム試食することができます。
生ハムのセラーノ、イベリコ、そしてチョリソー、ソーセージ色々あります。
中でもオススメはドングリを食べて育ったイベリコ豚だけで作った最高級の生ハム「ベジョータ」。



香りよく、味が濃く、力強い。それでいて滑らかな肉質で脂が残らず、後味があっさりとしながらも肉の旨みが十分に口の中でハーモニーを奏でています。
店の奥にあるイートインコーナーで頂いてほしいのは世界一予約の取れないレストランと言われたスペインの三ツ星レストラン「エル・ブジ」直伝のバルセロナ名物のホットサンド。
生ハム・モッツァレラチーズ、そしてトリュフ!!!が入っています。


「本国で食べるより美味しい」と本場スペイン人も太鼓判を押すここの生ハム。
切り落としは若干安価になっているので、スタッフはそちらを購入(笑)
メールで購入したパンでビキニ風・・・のホットサンドにしてみました。


パンから生ハム・・・・素敵な流れです。笑



お出かけが控え気味になってしまう昨今ですが、ちょっと外の空気も吸いたくなります。
鼻歌でも歌いつつ、車を走らせてみませんか?

住宅街にひっそりと・・・おいしいドイツの香り「メール」

・住所:広島市西区古江東町9-24後藤ビル1階
・広島市中心部から西へ。国道二号線、西区・庚午三叉路付近から右折して
 「三輪明神広島分祠」登り口の住宅街の中
・駐車場: 約7台分
・営業時間:午前8時~午後5時
・定休日:毎週(水)と第1・第 3(火)
・お問い合わせ:電話 082-274-3108 まで 

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪ドリーム・ラヴァー/マライア・キャリー
♪ウィ・ウィル・ロック・ユー/ケイコ・リー
♪プリーチャー・マン/ダスティ・スプリングフィールド
♪オール・スター/スマッシュ・マウス