1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ

11月も半ば、暦の上では立冬を過ぎ、冬の気配を感じる時期になりましたね。
皆さんの冬支度は、進んでいますか。
衣替えだったり、こたつや暖房器具を出したり…お家でも、準備がありますよね。
その時間の中で、インテリアを変えた、という方はいるでしょうか。
せっかくなら、思い切り手を加えて、部屋の模様替えをしてみては?
トレンドや注目、探っていきましょう!

今年は、例年よりも家で過ごす時間が長かった方、たくさんいらっしゃるかと思います。
自宅も工夫して、より過ごしやすくリラックスできるような空間にしたいですよね。

部屋をどんな雰囲気で統一するか、大きく関わるのは「色」です。
キッチンや寝室、浴室など、お部屋をどんな空間にしたいのかを考えて、
使う色を変えてみるといいかもしれませんね。
ただ、模様替えって、なかなか手軽にはできるものではない…
そんなときには、ソファやラグなどの生地の質感や色味を合わせたり、
あえて目立つ色を使って、アクセントにしたりするといいかもしれません。
大きな家具を買い変えるよりも、簡単に部屋の印象を変えることができます。
使う色を、大まかに分けて3色以内にすることも、まとまりを出すコツです。

アメリカのパントン社が発表している、「カラー・オブ・ザ・イヤー」、
今年の流行色は、夕暮れの空を連想させる「クラシックブルー」。
日本人にも親しみがある「藍色」を深くしたような色です。
シンプルで落ち着いた色合いなので、インテリアにも取り入れやすく、
ソファなど大きな家具に取り入れても、グッとしまった印象になりますね。
さらに、ここ数年は、ニュートラルカラーの流行も続いています。
人気は、生成りやベージュなど、暖色よりで、温かみのある色合い。
観葉植物やお花など、自然のものと相性がいいので、組み合わせてもいいかも。

そして、部屋作りで意識したいのは、余白、です。 
あまりに物がありすぎると、インテリアがごちゃごちゃして見えるかもしれません。
床は、部屋全体の3分の2以上をあける、壁もディスプレイに使うのは10パーセントまで、
意識しながら模様替えしてみると、すっきりした部屋になりますよ。

今年のインテリアでトレンドと言われているのは、見通しのいいコーディネート。
部屋の空間を分けるのではなく、大きな一つの部屋と捉えて、
どこにいても顔が見える、コミュニケーションを取りやすい配置にするのだとか。
たとえば、ダイニングテーブルを四角いものから丸い円形のものに変えてみる。
丸いテーブルならみんなの顔が見えるので、会話も弾みますね。
家族が自然と集まる空間を作るのなら、明るさも大切です。
リネンやシフォン素材のカーテンで、光を取り入れると、印象が明るくなりますよ。

テレワークが増え、仕事をするスペースをお家に作った方へ、おすすめをご紹介します。
リビングなどのくつろぐ空間では、あえて、机やいすの色を壁と同じ系統の色にすると、
統一感も出ますし、部屋に溶け込んだ場所にできるかも。
家の中だと仕事のモチベーションが上がらない、オンとオフを切り替えたい場合は、
クローゼットの中に、ワークスペースを作ってしまうやり方もありますよ。

インテリアの今年のトレンドには、「自然」が挙げられているとか。
ソファやクッションなど、布のものでは麻素材が、テーブルやいすでは木が、
さらに、収納家具でも籐を編んだバスケットなど、自然素材のものがおすすめです。
柄物でも、ボタニカル柄や、花柄などを取り入れる動きもあるそうですよ。

家具のフォルムとして、注目は「曲線」です。
ここ数年は、スタイリッシュで、直線的なコーディネートが人気でしたが、
今年は曲線を描くような、柔らかなフォルムに支持が集まっているとか。
ローテーブルや、ダイニングテーブルを円形のものにしてみると部屋が優しい雰囲気に。
存在感の大きなソファも、ちょっと変わった丸みを帯びたデザインを選んでみる。
丸い鏡を飾ってみたり、ランプシェードを丸いものにしてみたり、
ほんのちょっと、曲線を意識してみてはいかがでしょうか。

家具のほかに、明かりもインテリアとしては重要なポイント。
注目したいのは、間接照明です。
やわらかい光で、リラックスした部屋を演出できるのに加えて、
天井を照らすタイプは部屋を広く見せて、開放感のある空間に、
壁を照らすとギャラリーのような印象に、と取り入れ方で違って楽しめます。
花のような形、丸っこいフォルム、スポットライトのようなかっこいい感じのものなど
見た目でも、部屋にアクセントを与えてくれます。
  
そして、これからの季節に気になるのは、暖房器具ですよね。
部屋が温まりやすいものや、電気代が節約できるものなど、実用的な面も大切ですが、
ちょっと見た目にもこだわってみませんか。
ガスストーブやヒーターには、クラシカルなデザインや、暖炉のような見た目のもの、
ランタンのような形のもの、カラフルなもの、
一見、暖房器具には見えないようなシンプルなものなど、さまざまなタイプがあります。
部屋のコーディネートに合わせて選んでみてもいいかも。

いろいろご紹介してきましたが、インテリアのトレンドは、
大きくくくると「柔らかさ」や「リラックス」がキーワードになっているようですね。
気になったところを参考にして、素敵なお家時間を考えてみるのはいかがでしょうか。

「インテリア」にこだわって、おうち時間を楽しく!

・部屋作りで重要な意味を持つ「色」。
 クラシックブルーやニュートラルカラーが注目です。
・余白を意識して部屋をコーディネートするといいですよ。
 見通しよくするのもポイントです。
・インテリアのテーマのトレンドは「自然」。
 素材や柄で取り入れてみては?
・家具のフォルムでは「曲線」に注目が!
 ソファやテーブル、ランプ、鏡など、意識してみてもいいかも!

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪Party Starter/嵐
♪赤黄色の金木犀/フジファブリック
♪Home Sweet Home/YUKI
♪Positions/アリアナ・グランデ