1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ
  4. 今年はここの手打ちソバで年越し!「たつ吉」

2019年最後のドライブスポットは、年越しそばを頂きます。
くわー!美味しそう!!


お邪魔したのは、広島市中区「平和記念公園」そば(ダジャレじゃないです)・・・の、閑静な住宅街にある「たつ吉」です。
ここ「たつ吉」は、昭和60年、店主:折本幸夫さんが22歳の時に開いた、今年35年目を迎えたそば専門店です。


住宅街の中にまぎれ「え?ほんとにここらへんにあるの?」と思っている中・・・・
こんな感じの店構えです。


広島で一番初めに石臼を使った自家製粉でソバ打ちを始めた、広島手打ちそばのパイオニアとも言える老舗です。
中に入ると、ほら!


その、大きな電動石臼です。
毎日蕎麦を挽いて削れる石臼。
石の目打ちもするそうです!!!


長年の常連さんはもちろん、そば文化の根強い関東から来た出張客や観光客等、県内外から多くの方が訪れます。
漫画家、時代検証家として活躍された才女、故:杉浦日向子さんが、著書で絶賛されたんだとか。
店内は・・・



落ち着いた木の雰囲気に囲まれて・・・
入り口左手、毎朝、折本さんがここで蕎麦打ちをします。

折本さんは製粉、そば打ち、出汁作り、ご飯の用意、天ぷらあげ等、調理全般を一人で請け負い、接客を奥様が担当。
ご夫婦で全てを取り仕切っています。
ということで、営業時間以外は、お電話がつながらないことが多いです。
折本さん曰く
「そば打っている時は一所懸命で電話を取る暇がないし、営業時間も蕎麦を茹でているときはそこに集中するし、一番良い状態で湯切りしたいから、電話に出るのは無理!}
と。
ごもっとも。
なので、電話が通じないな、と思っても気にしないでください。

さて、席について手書きイラストのメニュー表を見ると・・・



ザル、割子、天ざる、おろし、ごま等の冷たいおそばはもちろん、ひっくりかえしたメニュー表には、かけ、天ぷら、山かけ、揚げ玉等のあたたかいおそばが並びます。
山かけ・天ぷら・おろしのミニサイズがセットになった「三品(みしな)そば」を選ぼうとすると・・・・

折本さん、一言「もりそばでしょ」と。笑



運ばれてきた、その「もりそば」

ちょうどいい茹で具合!
冷たくキュッと絞められたソバは・・・・手打ちでありながら、麺1本1本が細いんです。
折本さん曰く、「うちの自慢のひとつは麺の細さ。お客さんに“これ、機械で切ったんですか?”と言われると、内心、“やった”と思うんよね」と。


ソバは喉越しを味わうのが通!とも言われますが、「たつ吉」は、その細さゆえ噛みごたえも十分。
シャープでしゃっきりとしていながらも、もちもち感が強い!
奥歯で噛むと、ソバの香りと独特の甘みが口の中に広がる・・・「噛んでも美味しいおそば」なんです。


あっという間に完食。締めのそば湯を頂きます。 


折本さん曰く
いい蕎麦が入りにくくなっている今、悪いそばの実でも製粉技術や石臼回転数、湿度温度とかデータ取りながら、どんな状態のそば粉でもお客さんに良い状態のそばを提供できるよう
、自分の手が加わることによって言いソバが出来上がることに喜びを感じる、と。
それは、お金にかえられない喜びなんです。と。
美味しいですよ!


そして、今年最後の寄り道スポットは、その「たつ吉」に近い「平和記念公園」です。
世界的にも観光スポットであるここ。
爆心地側、原爆ドームから歩きました。



先月、38年ぶりにローマ教皇も訪れたここ。あの、夏の暑さが想像もつかない肌寒さです。



南へ、公園中心部を目指し・・・
元安橋を渡ると右手には白血病で亡くなった佐々木禎子さんをモデルにした「原爆の子の像」があります。


像の後ろには多くの千羽鶴がささげられています。
道路を挟んで・・・被ばく建物を利用した「レストハウス」は、現在改修工事中です。
リニューアルオープンは来年7月予定。
現在公開中のニメーション映画「さらにこの世界の片隅に」のも当時の様子が描かれます。
公園の中央に来ると・・・


原爆慰霊碑です。
合わせる手の向こうに原爆ドームと「平和の灯」が見えます。



1964年の東京オリンピックでは、多くの市民が見守る中、聖火トーチを掲げたランナーが公園内を走り、その火が東京に。
来年開催の「東京オリンピック」聖火リレーでは、古式泳法・・・川を泳ぎながらその聖火をつなぐそうです。


更に西へ進むと、水を求めながら亡くなった犠牲者の霊に捧げ、作られた噴水「祈りの水」。
そして、その噴水を背に、平和大通りに面して建つ「嵐の中の母子像」を見上げ・・・。


今年は、原爆資料館本館の改修も終わり、4年半ぶりに全面オープン。
新たに現代らしい展示形式に変わり、平和の大切さ、戦争の悲惨さを訴えてくれます。

今年はここの手打ちソバで年越し!「たつ吉」

・住所:広島市中区猫屋町7−19
・広島市中心部「平和記念公園」近く、「広島市立本川小学校」の南に位置する閑静な住宅街の中。広島駅から車で10分程で到着。
・駐車場:約3台
・営業時間:午前11時半~午後2時、午後5時半~午後7時
・定休日:毎週(日) 
 年内は、店内営業28日まで。30、31日は年越しソバの持ち帰り販売のみ、なくなり次第終了。2020年、年明けの営業は6日(月)から。
・お問い合わせ:電話 082-292-5658 まで ただし、電話がつながるのは営業時間内のみ!

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪スノー・ダンス/ドリームズ・カム・トゥルー
♪ホーム・イン・ユア・ハート/ソロモン・パーク
♪ホーム・アゲイン/キャロル・キング
♪オールド・ラング・サイン/マイリ・キャンベル&デイヴ・フランシス