1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ
  4. おうちを「お花」で彩ろう!

ドライブ日記 ドライブ日記


暖かいと言うよりも、暑いという言葉の方が似合う日が多くなってきた今日この頃。
なかなかお出かけができなかった春を惜しんでいる方もいるのでは?
3月ごろから、梅が開花し、チューリップが咲き、桜が満開に・・・と
春はたくさんの花を楽しめる季節。
せっかくなら美しく咲く時期に、お花を存分に観賞したいですよね!
この機会に、おうちをお花で明るく色づけてみませんか?

5月中旬を迎えていますが、5月に咲く花と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?
街中で見る花といえば、緑の葉に濃いピンクが印象的なツツジの花でしょうか。
カスミソウやスズラン、ハナミズキ、ネモフィラなどもこの時期の花ですよね。

さらに、5月中旬と言えば、シャクヤクの花も開花を迎えるころ。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉がありますが、
立てば、という言葉の通り、シャクヤクの花はすらりと細い茎の先端に花を咲かせます。
ちなみに、ボタン、シャクヤク、ユリの順に開花時期となるそう。

忘れてはならない、大人気の花と言えば、バラ!
色も種類もさまざまで、与える印象も全く違う、まさに「花の女王」。
ガーデニングにおすすめの花としても、よく挙げられていますよね。

屋外ではスペースが足りないという方は、鉢植えを置いてみるのもおすすめ。
日当たりの良い場所に置いて、お手入れや水やりをする、
こういった作業を日常に取り入れると、気分転換にもなってよさそう!



ここまでは、咲いている花についてお話してきましたが、
お花の楽しみ方はもっとたくさんあるんです!

生花を使う「生け花」や、「フラワーアレンジメント」もそうですが、
花瓶などに花を生けるには「水揚げ」が大切。
根から水を吸い上げることができなくなってしまった切り花を、
手を加えることでより水を吸い上げやすい状態にすることを言います。

切り花を、切れ味のいいハサミを使い、水の中でカットする「水切り」や、
「湯揚げ」、切り口を焼く、切らずに折る、といったやり方があり、
お花によって適した「水揚げ」方法が違ってくるのだとか。
少しでも長い期間楽しむためには、こういった工夫が必要なんですね!
  
さらに、お花屋さんのサブスクリプションもあるとか。
頻度はそれぞれですが、おうちにお花が届きます。
「お花の定期便」と言った方が、想像がつきやすいでしょうか?
季節によって内容が変わるので、毎回お花が届く日が楽しみになりそうですね!



生花以外でお花を身近に置きたい場合は、
ドライフラワーにするという方法もありますよね。
摘み取ってすぐの新鮮なうちに、風通しの良い場所に吊り下げるのがいいとか。
同じく花を乾燥させる押し花は、よくしおりに使われたりしていますよね。
これらは、自分で手軽に楽しく作ることができます!

贈り物としてよく目にするのは、プリザーブドフラワー。
生花に特殊な加工を施し、ナチュラルな姿のままの花を楽しめます。
プリザーブドフラワーやドライフラワーを瓶の中でオイルに浮かべた
ハーバリウムも人気が高まってきていますよね!

生花でも、手を加えた花でも、楽しむ方法はたくさん!
外出自粛の中でも、お花に触れて気持ちをリフレッシュさせてみませんか?

おうちを「お花」で彩ろう!

・5月に咲く花は、ツツジ・カスミソウ・
 スズラン・ハナミズキ・ネモフィラ・シャクヤクなど。
 人気が高いのは、花の女王、バラ!
・生花はガーデニング・鉢植えで楽しんで!
 生け花やフラワーアレンジメントなど、手を加えてみても!
・長い期間お花を楽しみたいなら、
 ドライフラワーや押し花、プリザーブドフラワーもおすすめ。

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪ロマンス/原田知世
♪The Rose/Bette Midler
♪花 -Mémento-Mori-/Mr.Children
♪Heartbeat/Tahiti 80