1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ
  4. 今年は「グランピング」に注目!

ドライブ日記 ドライブ日記

2020年は、新型コロナウイルスの影響もあり、
予想外なことが多かった1年でしたが、今年はどんな年になるでしょうか?
日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2021年ヒット予測」で
1位となったのが「無人駅&辺境グランピング」。
今日は「グランピング」をテーマにお送りします!

グランピングとは、優雅な、魅力的な、といった意味を持つ「Glamorous」と
「Camping」を合わせた言葉で、アウトドアをリゾート感覚で楽しむことのできる、
キャンプの新しい形として、定着しつつあります。
キャンプというとさまざま準備をして、大自然の中、不便さを楽しむ、
といったイメージですが、グランピングは違います。
その実態は、「Glamorous」の言葉通り「優雅なキャンプ」。
グランピングに欠かせない要素は、アウトドアと、快適さの二つです。
施設にスタッフが常駐し、宿泊設備や、料理を提供するプランもあるんです。
旅行するよりも贅沢な時間かもしれませんね。
テント型やコテージ型、トレーラー型などで楽しめます。
事前の準備も必要ないので、リゾート感覚と言われるのもわかりますよね。

キャンプやアウトドアというと、夏場など、暑い時期が理想かなと思いますが、
グランピングは、冬でも楽しめます。
焚火や薪ストーブなどの火のぬくもりを感じられますし、
雪の多い地域では、スノーモービルに乗ったり、かまくら体験ができます。
さらに、冬の冷たい澄んだ空気の中での天体観測も楽しめます。
外が見える透明なテントから、星空を眺め温かい室内でくつろぐ、なんて
なかなかできない贅沢な時間ですよ。

そして、今年のヒット予測となっているのは「無人駅&辺境グランピング」。
キャンプ場運営を手掛ける「VILLAGE INC. 」が手掛けるグランピングでは、
駅務室はカフェに改修され、駅舎の隣には、かまくら型のテントと野外サウナを併設。
1日の利用者が、のべ20人ほどの秘境の駅を、リゾート施設に改築したのだそうです。
こういった無人駅や秘境などの、人があまりいない場所を活用して
リゾート施設を展開することが、2021年には注目されるとの予測です。
地方の活性化に加えて、人混みを避けた施設の需要が高まっていることも
追い風になるだろうと考えられています。
新たに観光地として注目される地域も出てきそうですね!
  
なかなかおでかけには、難しい状況が続いていますが、
野外で大自然を楽しむグランピングなら、楽しめるようになるかもしれませんね。
新たなアウトドア体験「グランピング」、やってみたくなりませんか?

今年は「グランピング」に注目!

・グランピングとは、優雅な、魅力的なの意味を持つ「Glamorous」と
 「Camping」を合わせた言葉。
 アウトドアをリゾート感覚で楽しめるキャンプの新しい形です。
・冬ならではの、ウィンタースポーツや、焚火なども楽しめます。
 澄んだ空気の中、テントから星空を眺める、なんて体験も。
・2021年ヒット予測で1位となったのが「無人駅&辺境グランピング」
 1日の利用者がのべ20人の秘境の駅を、リゾート施設に改築したそうです。
 こういった人があまりいない場所を活用して
 リゾート施設を展開することが、2021年には注目されるとの予測。

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪Step and a step/NiziU
♪トレモロ/RAD WIMPS
♪SNOW DANCE/DREAMS COME TRUE
♪New Year's Day/Bon Jovi