1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ
  4. 「フェアトレード」、意識してみませんか?

みなさんは、「フェアトレード」という言葉はご存じでしょうか。
お買い物をする時に、みかけることも増えた「フェアトレード」。
直訳すると「公平・公正な貿易」という意味です。

私たちの身の回りにあるものは、日本で出来たものばかり、ではありませんよね。
さまざまなものを海外から輸入しています。
ただ、海外からの輸入品には、非常に安い価格で販売されている製品がありますよね。
たとえば、コーヒー豆はブラジルやベトナムなど、赤道に近い地域で生産されていますが、
輸出業者やコーヒーの焙煎業者など、色んな仲介業者を通して届くコーヒーを、
私たちは1杯100円程度で飲めることもある。なんだか不思議な感じしませんか?

様々な業者の手に渡るということは、たくさんの人が仕事をしているわけで、
それぞれが利益を出すために、コーヒー豆を生産者にシワ寄せが行きます。
つまり、生産者に「公平ではない」=アンフェアな取引が行われているのです。 
そこで、ここに、フェアトレードを取り入れて、市場と直接つながることで、
コーヒー豆が直接輸入業者にわたり、焙煎業者を通して、
市場に並び消費者に届く、という流れです。
生産者と消費者の距離も縮まり、意見や要望を取り入れやすくなりますし、
収入にも余裕が出るので、いいコーヒー豆を作る設備投資もできるようになります。

また、フェアトレードでは、環境面でも厳しく基準が定められています。
森を破壊したり、危険な農薬を使うことなく、自然環境を守りながら生産されています。
当然、フェアトレード商品は、従来のものより割高となってしまいますが、
需要があることが、継続的な支援へとつながります。
フェアトレードは、新たな取引の仕組みが生まれる第一歩と言えるかもしれません。

フェアトレードの仕組みがわかったところで、
では、どうやってフェアトレードの商品を探せばよいのでしょうか。
フェアトレードの商品を買いたい、と思ったときには、
「国際フェアトレード認証ラベル」を基準に、商品を選んでみては?
このマークは、商品のパッケージに表示されています。
大手スーパーやコンビニなど身近なお店にも、商品があることに気が付きますよ。

また、フェアトレードを専門に扱うブランドもあります。
「ピープルツリー」は、地球環境にやさしく、サステナブルな
フェアトレード・ファッションをおよそ30年にわたって作り続けています。
技術はあるのに、経済的に立場の弱い国々の人々に、
デザインのアイディアを与えたり、技術向上の援助をして仕事の機会を作り、
その仕事に見合った賃金を支払うことで、支援を行っています。
各国や地方、民族の伝統的な技術を使って、
できるだけ、その地域で採れる素材を使っているのも特徴です。
途上国の人々が、継続的な取引先を持つことで、自立を図ることにもつながります。

公正な取引をすることで、生産国が豊かになる。
豊かになれば、働く環境がよくなり、作るものに対する向き合い方も変わっていきます。
フェアトレードを取り入れることは、
私たち消費者にとってもプラスになるのではないでしょうか。

「フェアトレード」、意識してみませんか?

・公正・公平な貿易を意味する「フェアトレード」。
 途上国の生産者が適正な収入を得られるような仕組みです。
 生産者と消費者の距離が近くなり、
 よりよい製品・商品のための設備投資もできるようになります。
・お店でフェアトレード商品を探す時は、
 国際フェアトレード認証ラベルを参考に探してみて。
・フェアトレード商品は従来のものより割高になりますが、
 需要があることが、継続的な支援へとつながります。
 公正な取引をすることで、生産国が豊かになり、働く環境がよくなる。
 フェアトレードを取り入れることは、消費者にもプラスになるのでは。

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪Hello, world!/BUMP OF CHICKEN
♪Universe/Official髭男dism
♪Hello, Again 〜昔からある場所〜/My Little Lover
♪Anyone/ジャスティン・ビーバー