1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ

ドライブ日記 ドライブ日記

皆さんは、何かついついやってしまうことはありますか?
最近、カプセルトイ、いわゆるガチャガチャがブームになのをご存知でしょうか。
いま、ショッピングモールに専門のお店ができるほど、大人気です。

お金を入れて、ハンドルを回すと、
カプセルに入ったおもちゃやグッズが出てくるカプセルトイ、
何が出てくるのかわからないドキドキがたまらないですよね。
カプセルトイブームと言われているここ数年は、専門店が続々オープンしています。
カプセルトイのはじまりは、今から55年ほど前、
1965年に、アメリカから日本に入ってきたとされています。
入ってきた当初の第1次ブーム、1977年前後の第2次ブームを経て、
2012年ごろに「コップのフチ子」シリーズをきっかけに第3次ブームに。
現在まで第3次ブームが続いていますが、規模の大きさから第4次ブームとも言われるほど。

人気の秘密は、その多彩なジャンルにあります。
人気になっているものの1つに、学校の教室にある備品シリーズや昭和レトロなアイテム、
黒電話や公衆電話のおもちゃ、といった「懐かしかわいい」ものがあります。
さらに、眺めるだけではなく、
ファミリーレストランの呼び出しボタンや、バスの降車ボタンなど音が鳴るものや、
ボタンを押すと選んだジュースの缶が出てくるミニ自動販売機など、動くものも。  
これが数百円で手に入るのは、驚きですよね。 
もみじまんじゅうやお好み焼き、宮島の大鳥居などがモチーフになった
広島ならではの、ご当地カプセルトイも。お土産にもぴったりですね。

ただ集めるだけではなく、SNSに映える写真を載せて楽しむ方も多いようで、
専門店の中には、写真を投稿しやすいように、撮影コーナーを作っている店舗も。
これからも、人気は広がっていきそうですね。

ゲームセンターでついついやってしまうものといえば「クレーンゲーム」では?
入り口付近に設置され、ゲームセンターの顔、みたいなイメージがありますよね。
そのクレーンゲームが、数年前からオンラインで楽しめるようになりました。
オンラインクレーンゲームは、PCやスマートフォンを操作して、
ゲームセンターの店舗や、専用の倉庫にあるクレーンゲームをプレイできるサービスです。
実際のクレーンゲーム機の映像を見ながら、遠隔操作でアームを操って景品をゲット。
獲得した景品は、自宅に配送してもらえますよ。

景品の種類が豊富で、24時間、365日遊べるサービスもあり、
アプリのキャンペーンなどで、お得に遊べることも。
画面を共有できるので、誰か別のプレーヤーが遊んでいるのを見ることもできます。
慣れると、実際に景品を目の前にプレイするよりもゲットしやすい、という声も。
ゲームセンターになかなか行けない、という方は、挑戦してみてもいいかもしれません。

コロナ禍の影響で、ゲームセンターに新しい形態が生まれています。
できるだけ触らずに、QRコード決済でプレイできるゲームセンターも。
カプセルトイにも、電子マネーで払って勝手にハンドルが回り、景品が出てくるものも。
コロナ禍でも、楽しく遊ぶことを忘れたくない、
という思いが反映されている気がしますね。

「カプセルトイ」が大人気!

・あるとついやってしまいたくなる「カプセルトイ」。
 いま、若い女性を中心に人気を集めています。
・懐かしかわいいアイテムや、
 動くもの・音が鳴るものなど、数百円とは思えないものも。
・クレーンゲームがオンラインで楽しめるサービスも。
 遠隔操作で楽しめ、ゲットした景品は自宅に届きます。

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪気まぐれロマンティック/いきものがかり
♪イージュー★ライダー/奥田民生
♪ベジタブル/大貫妙子
♪Breakout/スウィング・アウト・シスター