1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. 2019年3月までのマツダミュージックドライブ
  4. かなわ水産株式会社

マツダミュージックドライブ

ドライブ日記 ドライブ日記

♪瀬戸内のうまみがぎゅぎゅっと!牡蠣美味しい~~

今日は3月3日
ひなまつりですね(*^^*)
こうした行事とともに、少しずつ春の訪れを感じます。

さあ今日は、江田島までドライブしつつ船にものります。

江田島特産の…牡蠣を求めて!



「かなわ水産株式会社」にお邪魔をしました。

創業は慶応3年。
江戸時代から150年以上も江田島で牡蠣の養殖を続けています。

まずは工場内を見学させていただきました。
牡蠣の洗浄、むき身、冷凍、パック詰め、配送などなど
徹底的に衛生管理されています。
空気の流れまで考えられていました。

 


大きさや重さごとの選別機

むき身は手作業!

牡蠣がいっぱいに。


お話は、取締役社長の三保達郎さんに伺いました。
かなわ水産の牡蠣は、安全第一。味も美味しいのが特徴です。
生食用の牡蠣が採れる海域の中でも、特にきれいな場所で養殖を行っています。

なかでも今イチ押しはヴァージンオイスター
一度も産卵を経験していない若い牡蠣のことで、
シンプルかつ、うまみがぎゅっと凝縮されているんだとか。

そのヴァージンオイスターを求めて、養殖場まで船で連れて行っていただきました!!⛵


かなわオイスター号。

達郎さんと、息子の弘太朗さんと一緒に。


江田島沖2km。大黒神島という無人島の周辺まで、
片道5分ほどの船旅です。



到着してすぐ、ヴァージンオイスターをいくつか水揚げし…



ナイフで殻を割って渡してくださいました。
若いだけあって少し小ぶりではあるものの、
殻の外側ギリギリまで身が詰まっています。
水揚げからものの数十秒の牡蠣、、いただきます!!



海水を唇でこすようにして、ぷりぷりの身を、ちゅるんと口に入れます。
ほのかな塩分が口に広がり、噛めば噛むほど旨味が広がります~~

「海のミルク」とはよく言い表した言葉だなあと心から感じました。
とにかく贅沢。


掛け声は、牡蠣おいしい~


会社に戻ってからも、生ガキ、牡蠣グラタン、牡蠣フライ、牡蠣飯などなど…

本当にたくさんの牡蠣料理を特別にいただきました。
どれも牡蠣のおいしさがしっかりいきていて、絶品でした。
自然の恵みと、お心使いに感謝します。
ありがとうございました。

広島の牡蠣、お店でいただくのももちろん美味しいですが、
実際に現地に行き、生産者の方の笑顔や苦労を感じることも
必要なことなのかも、と思いました(*^^*)



載せきれなかった写真はコチラにて☟
マツダミュージックドライブアルバム✨

♪瀬戸内のうまみがぎゅぎゅっと!牡蠣美味しい~~

かなわ水産株式会社

住所:江田島市大柿町深江1453-20
⇒広島市内から広島呉道路を利用して呉市を目指します。
 県道487号線を南に進み、警固屋音戸バイパスから早瀬大橋を渡り、
 能美島の東から西へ県道487号線を突っ切った島の西側です。
 広島市内から約1時間30分で到着。
(今回は陸路を利用しましたが、広島港からフェリーでの所要時間も同じくらい)

※「かなわ水産」の牡蠣は、通販でも購入できますが、直接、こちらでも購入できるそうです。
商品や、購入できる時間など詳しいお問合せは
電話0823-57-7373 まで!

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪君はTOO SHY/カジャ・グーグー
♪ライク・ア・ヴァージン/マドンナ
♪海、その愛/加山雄三
(かなわ水産株式会社 取締役社長:三保達郎さんの人生の一曲)


タグ:江田島市

掲載しきれなかった写真たちはこちら!

マツダミュージックドライブアルバムへ

マツダミュージックドライブアルバムへ