広島民話図書館

「年を取りたくない男の話」

この話の元々の語り手は、明治生まれの大朝の女性です。 祖母と母から聞いて覚えたという40余りの話の中から、 今回は、こんな珍しくて楽しい話をご紹介します。 「年を取りたくない!」 女性も男性も、そう願...

続きを読む

「田螺の婿(タニシのむこ)」

私の母方の実家は三次ですが、小さい頃に行くと 定番の遊び場がいくつかありました。 そのうちのひとつが、田んぼに水をひく水路。 小さな階段を少し降りるとちょっとしたスペースがあり、 そこで野菜を洗ったり...

続きを読む

「日本一の屁ひり爺」

「まあ、お下劣な・・・」なんて聞こえてきそうですが、お許しくださいね。 昔から、このたぐいの話はやっぱり 子どもたちは大好きだったんだろうなぁと思います。 実際、民話にはそんな話がたくさんあって なか...

続きを読む

「狐の恩返し」

今回は、三次市で録音された記録の残る話です。 狐というと、人をだまして困らせるのが昔話の定番ですが、 今回は、人と狐の心の温かい交流が描かれています。 これは、「聴き耳頭巾」として全国的に語られてきた...

続きを読む


TOP