広島民話図書館

「日本一の屁ひり爺」

「まあ、お下劣な・・・」なんて聞こえてきそうですが、お許しくださいね。
昔から、このたぐいの話はやっぱり
子どもたちは大好きだったんだろうなぁと思います。
実際、民話にはそんな話がたくさんあって
なかなか放送できないものもあるのが残念です。
今回は、天狗とおじいさんのやりとりが楽しくて想像が膨らむ、
こんなお話です。


ファイルを開く

この話に共通する部分が多い話に「鳥のみ爺」という話があります。

鳥をあるひょうしに飲んでしまったお爺さん。
おへそから鳥の羽が飛び出していて、それを引っ張ると鳴き声が聞こえたり
おならが出たりします。
その技を見た殿様が、お爺さんにたくさんの褒美を渡しました。
それを真似した別のおじいさんは、散々な目にあう、という話です。

このような話の中で、鳴き声やおならの音は、
地域によっていろいろな節で伝えられてきました。

「綾ちゅうちゅう こやちゅうちゅう 錦さらさら五葉の松
 たべてもうせば びびらびーん」
「ほーほけきょ」
「ひゅうがらぷんぷん ひゅうがらぷんぷん
 黄金の音もぴりりや ぱらりや ぷうー」
「ちちんぷいぷい ごようの御宝」

私たちに馴染みのある言葉「ちちんぷいぷい」は
このような昔話が語源である、という説もあるんですって。



TOP