広島民話図書館

「鬼の面」

12月の半ばというと、新しい年を迎える支度をする慌ただしい時期。
今も昔も変わらず続いてきた師走の風景です。
今回の民話は、庄原市の口和で語られていた話。
そんなお正月を迎える前のおじいさんとおばあさんが登場します。
おじいさん、話の後半で思いもよらない出来事を起こします。


ファイルを開く

おじいさんの「そんなつもりじゃなかったのにーー!」
という声が聞こえてきそうです。
無欲の勝利でしょうか(笑)

藤布は、「ふじぬの」または「ふじお」と呼ばれていたそうです。
藤布織は、木綿が高級品だった昔、冬の女性の手仕事でとても手間の要る作業でした。
もちろん鬼面作りも手間暇かかる作業。
三次出身の私の母は、小さい頃、年の瀬になると
各地から物を売りに来る人たちで三次の町が賑わっていたのを
何となく覚えていると言っていました。


【あやのひとくちめも】
「目がはしる」・・・もちろん、目が走ることはできません。
          (煙などが入って)目が痛む、しみる



TOP