広島民話図書館

「手水(ちょうず)をまわせ」

昔、大阪では顔を洗うことを「手水(ちょうず)を使う」と言っていたそうです。
大阪以外では全く通じなかったので、
これにまつわる笑い話が民話でも落語としてもいろいろと残っているようです。
(11月に放送した「越原左衛門の伊勢参り」でも
 「手水」にまつわる失敗談が登場しました)

今回は、東広島市の豊栄で語られていた「手水を回せ」
お代官さまに対して恥をかきたくない庄屋さんと寺子屋の先生が登場します。


ファイルを開く

「わからないので教えて下さい」
その一言が言えたらどんなに楽だったか・・・
庄屋さん、見栄を張れば張るほどお代官さまに遊ばれてしまいましたね(^-^;



TOP