広島民話図書館

「笠地蔵」

笠地蔵は小学2年生の教科書で読んだという人も多いと思います。
40年ほど前に採用されて以来
ほとんどの教科書に掲載されてきた有名なお話です。

今回は、庄原市西城町で語られていた笠地蔵をお聞きください。


ファイルを開く

「笠が足りなかったお地蔵さんを背負って帰る」のは
西日本で多く語られていたストーリーだそうです。
(おじいさん、力持ち・・・!)
一方、今よく知られている
「笠が足りなかったお地蔵さんに手ぬぐいを被せる」のは
岩手県や福島県など東北地方で多く語られたものだとか。

教科書に載るずっと前から
父母やおじいさんおばあさんが子に語り継いできた笠地蔵。
その土地ごとの言葉によって、雰囲気もそれぞれ違うのでしょうか。
東北の言葉でも聞いてみたいなぁ。



TOP