広島民話図書館

「一寸法師」

この番組でご紹介している民話は、
広島ならではの昔話や伝説があったりもしますが
中にはもちろん、誰もが知っている有名な話もあります。

今回は、お馴染みの「一寸法師」。
北広島町の女性が話す記録が残っていました。


ファイルを開く

私が日々楽しんでいる物のひとつが、娘の小学校の宿題、音読です。
子どもの記憶力って、大人はかないませんね・・・
一週間くらい何度も同じ話を読むから、もう暗唱できる。
今は「泣いた赤鬼」なんですが、私が大好きな話なので
前のめりに聞いてしまいます。
話によっては、少しアレンジして、登場人物が変わったり
出てくるアイテムを変えたりして話してもらうと
なんだか楽しいんです。
(もはや、音読ではない!?)

そんな子供の宿題を聞くにつれ
「ひろしま民話図書館」で、どうやったら皆さんが聴きやすいか
楽しんでもらえるか、考えています。



TOP