ブログ

今週の曲

♪やさしさに包まれたなら/松任谷由実
♪All Over the World/ELO
♪目抜き通り/椎名林檎とトータス松本
♪東京ブギウギ Boogie Woogie Age Re-edit/笠置シヅ子
♪彼女とTIP ON DUO/今井美樹
♪Another Day of Sun/映画『ラ・ラ・ランド』キャスト
♪DRIVE ME CRAZY/山下久美子
♪ブルーベリー・ナイツ/マカロニえんぴつ
♪Over/Mr.Children
♪楓/スピッツ
♪夜空ノムコウ/スガシカオ

ナチュラリスト文化部

本や音楽、料理にファッション、
あらゆる必要ムダを味わいながら楽しむコーナー。
今日は、ジュンク堂書店 広島駅前店 店長のみうらあきこさんと
本のジャケ買いをお送りしました!

ナチュラリスト流 ひろしま食農塾

毎日口にしている食べ物や、
その食べ物を作っている農業のことについてお話を伺います!!
毎月第二週目はJAグループ広島で行われている「SDGs」について
クイズで学んでいきます!
出演:JAひろしま 販売企画室 室長 清田幸宏さん

GET THE VICTORY! サンフレッチェ ダイアリー

リーグVを目指すサンフレッチェ広島と
サンフレッチェ広島レジーナを応援するコーナー!
レポーター掛本智子さんがチームの魅力を解説してくれます!!

<<サンフレクイズ正解>>
WEリーグカップ決勝に向けて、レジーナの柳瀬楓菜選手に話を聞いた時、
印象に残った言葉が「○○さんのためにも優勝したいんですよね」。
柳瀬選手は、誰のために優勝したい、と話したでしょうか?
正解は・・・近さん(近賀ゆかり選手)と福さん(福元美穂選手)

<<ナチュBIG>>
WEリーグカップ決勝
14日(土)午後4時~ vs アルビレックス新潟レディース 
                        @等々力陸上競技場
得点予想:岡 4-0 掛本 2-0

予想が的中した方の中から抽選で1名に、
にしき堂から豪華「お菓子の詰め合わせ」をプレゼント!

ラジオカーレポート

●『古代エジプト美術館展、開催中!』
レポーター:小野佑子さん
中継先:東広島市西条栄町 東広島市立美術館
出演:学芸員 おおやままきさん

●『秋の夜長に読書はいかが?』
レポーター:福山早紀さん
中継先:東広島市西条田口 らくだ文庫
出演:柴田典子さん

お題でいろは

お題の言葉から始まる、テーマに沿った作文を考えてもらうコーナー。
今月のお題の言葉は「あさなま」、
今日のテーマは「電車」でした!

9時のポエム

9時の時報がわりに、一編の詩や物語をお届けします。
今日は河井酔茗さんの詩『ゆづり葉』をご紹介しました。

柳田理科雄先生の空想科学ラジオ読本デラックス

今週のテーマは・・・「 カメムシ 」を科学!

つどいのひろば

みんなが集まってお喋りしたり、お話を聞く多目的ルームのような場所。
テーマ:ドキュメンタリー映画『国葬の日』
ゲスト:大島新監督



毎月第二週目のナチュラリスト文化部は、
ジュンク堂書店 広島駅前店 店長 みうらさんのジャケ買い!

今週は、芸術の秋ということで
「芸術・アート」をテーマに選んでいただきました!

◎今月のジャケ買い
・こじらせ恋愛美術館/ナカムラクニオ/集英社
・常設展示室/原田マハ/新潮文庫
・ぎんなみ商店街の事件簿 SISTER編/井上真偽/小学館
 ぎんなみ商店街の事件簿 BROTHER編/井上真偽/小学館

今月は、岡さんが『常設展示室』を購入!
皆さんも、芸術の秋を本から感じてみませんか?



現在はジャニーズ事務所の性加害問題の話題ばかりですが、
1年前は、この話題でもちきりでした。安倍晋三元首相の国葬の是非です。

今回のドキュメンタリー映画は、国葬の当日、2022年9月27日のたった1日です。
東京、山口、京都、福島、沖縄、北海道、奈良、広島、静岡、長崎の全国10都市にカメラを向けて、
その当日、わたしたちはどんな思いを抱えていたのかを映し出しています。

世論調査では国葬には賛成4割、反対6割、その結果に大島さんは懐疑的だったと言います。
この結果にはグラデーションがあるのではないか、
つまり「どちらかといえば反対」「どちらかといえば賛成」「無関心」・・・。
そんなニッポンを取り巻く空気を、大島さんは映し出したかったと言います。

デモに参加し、最後まで国葬への反対を表明する人、
国葬に花を手向け、手を合わせる人はニュース映像などで拝見していましたが、それはごく少数・・・。
周りの顔色をうかがい、政治の話はタブー視して意見を表明しない人、
国が決めたことだからとデモを批難する、いわば報じられることのない意見も生々しく捉えられています。
しかしそんな姿も、どこか和を重んじる日本らしさのように感じます。
果たして、これでいいのでしょうか?

世界情勢も含めて禍々しいものが増えて、きな臭い空気を肌で感じます。
すさまじい情報が目の前を通り過ぎるだけではなく、
わたしたちが何を考えて、何を思って、どんな感情で捉えていたのか。
1年前を振り返る機会を与えてくれる映画となっています。

映画「国葬の日」は、西区横川の「横川シネマ」で、
11月3日(金)まで公開予定です。



TOP