今週のハイライト

三年前、神奈川県座間市で男女9人が
アパートの一室で殺される事件があった。
SNSに「死にたい」と投稿した若者らを
被告は狙ったと裁判で語った。

このコロナの時代急速にネットの環境も変わってきた。
今まで、小学生にまでネットをつなげるのはどうなんだろうと、
携帯を含め賛否両論な世の中であったが、
コロナで学校にも行けない毎日が続き、
公立小学校にもネットでつながる授業も用意された。
ボクも高齢者の一人暮らしにはぜひネット環境を貸し出しするなどして
誰とも話さないと言う日がなくなるといいと話してきた。
ネットはそれ専用の使用しかできないようにするなど方法もあるだろうが、
やはり裏返せば、こうした凶悪な犯罪も潜んでいることには間違えない。
SNSでの悪口や仲間外れに、小学生の小さい体でも
背負っていかなければならなくなった現代の問題だ。

座間の事件は12月15日立川の地方裁判所で、
死刑の判決が言い渡された。
「死にたい」と自ら被告のアパートに出向いたと主張する弁護側と、
アパートまでいったものの「死にたくない」と改心したものまで
死にいたらしめ、犯行も計画性もあり残虐であると言う判決。
次の日、毎日新聞が被告を尋ねてインタビューした記事も読んだが
どうしても被告の心の中の闇が見え隠れする。
そこだけ切り取るのはもボクの意に反するのだが
「(死刑の)判決を受けて一夜経ちどうですか」と記者が聞くと
「特に変わったことはない」そう答えたそうだ。
もちろんこんな残虐なことができること自体、
正気の沙汰ではないのだが精神鑑定は問題なかったそうだ。
どうしてこんなことになったのか一つ一つの事件に
1冊も2冊も本が書けるほどのドラマがある。

ボクが健常な頃、雑誌やテレビで事件を追って事件現場に、
何千回行ったことだろうか。判決にもかなり通った。
事件は毎日世界中で起こっている。裁判も毎日毎日行われている。
報道の端くれにいる身として、起こった事件のその後は
大変気になるところだ。
起こった時よりも報道は縮小されるが当事者にとっては
いつまでも消えない。
消えないどころか大きくもなる。

ボクたちは来年の目標として、
今のボクにできる世の中に起こった事件の一つを取り上げて
探っていきたいと思っている。

先週東京地方裁判所に傍聴に行ってきた。
その日行われるたくさんの裁判の中、小一時間かけて選んだ事件を傍聴した。
報道されるような大きな事件でなくてもそれこそ小説が書けるほどの内容だ。
世の中の人が裁判になるほど困っていることってなんなんだろう。
普通に生活している一般の方も裁判を抱えているってことも少なくない。
そんなの中から見える日本ってどんななのか、、、
そう言う見方をしていこうと思う。


新型コロナウイルス感染症の感染拡大地域では、
Go Toトラベルキャンペーンを一部中止する方針が報道された。
このところ感染者数が急激に増大しており、
流石に何か発信しないといけない感じになってきた。

7月から開始された「Go Toトラベル」。
始まる時も本当にやるの?始まったの?
そんな感じで使う方も主催する方も
あたふたと準備できなかった感が否めなかった。
9月くらいになると旅行代理店やオンライン旅行会社などの
既存の販売チャンネルを活用し、
キャンペーンを利用した旅行をしやすくした。
いろいろ体験してみてはいるが、最初は返金などの手続きも面倒で、
使いづらかったかが、今ではWEBで予約すれば、
簡単にその恩恵に預かれる。
観光地への客足は戻りつつあり、この11月の連休は、
外国人の旅行客はいないものの観光地は賑わった。

キャンペーン開始後の変更も頻繁にあるので、
現場は毎回混乱している。
トラブルのやり取りも聞く。
昨日も ビジネス客がGo Toでは領収書が出ないと言われ困っていた。
Go To トラべル事務局などは、
感染拡大時のキャンぺーンの実施についても
明確に定めてこなかった現状がある。
参画事業者に対しては、利用者に
「感染状況に応じて対象地域を含めて、
事業の運用方針が変わりうるというリスクがある」
ことを周知するよう、通知していたが、
具体的な取り扱いには触れていない。
おそらく、感染拡大時の具体的な取り扱いを、
政府や事務局などは事前に決めていなかったため
発表できていなかったというのが実状だろう。
このまま感染者が増え続けたら中止も否めないだろう。
まだはっきりとした指針が政府から出ていないが、
「キャンセル料金」も」今のところ普通にかかるので
予約してしまった旅は決行する人が多いと聞く。
これから冬に向けて旅もできなくなるかもしれない。

僕たちはそんな中、東京都の
「VRなど新技術を組み合わせた障害者や高齢者の皆さんが
参加できるよう配慮された旅企画」というものに東京都で選ばれて
活動しているが、このままではリアルな旅はできないかもなあ、
と思っている。
だけどこの旅のいいところはVRで事前に旅の気分を
味わってもらえることだ。
福岡の施設にVRの旅をお届けしたとこだ。
リアルな旅ができない今、せめて高齢者の皆さんに、
旅をお届けしたいと思っている。


映画が公開されるとあっという間に
日本の公開映画興行収入を塗り替えた「鬼滅の刃」
それ何?アニメでしょ?的な同輩にちょっと説明しておこう。

鬼滅の刃の舞台は大正時代の日本。
東京の奥地に暮らす竈門炭治郎が父の死後、
炭焼きの稼業をしながら6人兄弟を養う。
ある日帰ってくると鬼に兄弟は殺され唯一生き残った妹の禰豆子も
凶暴な鬼に変身仕掛けている。
妹を人間に戻すため鬼の絶滅を目指して鬼殺隊に入って
鬼退治に出るというのが大体の物語だ。
何故ここまでこのおどろおどろしいアニメがボクたちの心に
入ってきたのか。

それはまず、炭治郎の一途さにある。
妹を助けたいという一心。迷いはない。
世界を救おうとかそんな大それたものではなく、
愛する妹のために戦うことにある。
今の日本、大正時代の家族像とは大きく変わった。
いや大正どころじゃない、昭和生まれのボクだってすでにガラパコスだ。
独身で一人を楽しむ人がいたり
家族を作ったって離婚や独立だって当たり前だ。
自分のあり方を見つめるこの時代、それが自由に選択できる世の中だ。
自分を自由に表現のできる。一体何をしたいのか?
最近の人々は子どもの頃から自分探しを自由と共に強いられる。
「何になりたいかなんで夢で言えてた年齢ならともかく
そうそうあるわけでもない」
そう思っている若者もたくさんいるだろう。
昔のように家族のしがらみを気にすることも制約もない。
家族に縛られてがんじがらめな人生を送るなんて過去の話。
その代わり家族で力を合わせてとか、家族のためにっていうのは
なかなか難しい世の中になってきた。
自分は自分で自由と自分探しの旅に出る。
「鬼滅の刃」はそれの逆をいく。気持ち良いほど迷いもない。
家族のために一人戦うのだ。
鬼というそれぞれの家族の問題や世の中の問題と炭治郎は戦うのだ。
その姿に共鳴を受けるのはきっと日本のみんなが心の中で求めている
無償の愛があるからだと思う。


神足さんの日記はRCC公式HPに掲載中!
こちらから


みなさん、作ってくださっていますか?
RCC第2スタジオのペーパークラフト。



スタジオの部屋はナチュラリストのHPからダウンロードしてくださいね!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ダウンロードはコチラから

そしてプレゼントするパーツを集めていくと、どんどん第2スタジオができていきます。

どんな風になるのか、ペーパークラフトと実際のスタジオを比べてみましょう!


■ペーパークラフト


■実際のスタジオ


■ペーパークラフト


■実際のスタジオ

どうですか?本物そっくりですよね!?

ぜひ、番組にお便りを送って、パーツをGETしてください!!



TOP