今週のハイライト

最近、公私共に本当よく出かける。今月も御多分に洩れず。

11月の中旬には京都に出かけた。
神足会という、ボクが多分倒れてから活発になった集まりがあって
異業種のさまざまな方が集まる。
動けなくなったボクを奮起させようとしてくれた仲間たちが始めてくれた。

ボクの小学校からの友達であったり、ボクのいろんな仕事仲間だったり、
娘の大学の先生とか、息子の小学校の先生とか、
妻の大学の時の友人、2人の子供のママ友、パパ友。
まあボクを取り巻くいろんな人がいろんな人を連れてやってくる。

その仲間同士も近況報告をしたり何回も会うので仲良くなったりもする。

東京開催がほとんどだけど、帰広した時に広島で、
今回みたいな京都の回も定期的に行ってきた。

今回は、舞妓さんが襟替の前の2週間だけ結う「さっこ」という髪型で
ご贔屓の旦那衆に舞を舞う儀式のようなものがあるというので
みんなでお座敷に伺う というのが会の目的。

舞妓さんは黒紋付のお引きずりで、おはぐろ。
2週間で、色々なお座敷に上がるのでそんなにゆっくりもできないらしい。
が、「黒髪」という舞を見せてくれた後も
お座敷にしばらく残ってお話を皆とした。
舞妓さんの間は、置屋が着物も生活費も全て持ってくれるが
芸妓さんになれば独り立ちだ。この2週間が明ければ一人前になるわけだ。

もちろんボクには襟替えの舞妓さんを座敷に呼ぶ、そんな権力はない。
古い友達が「そういうのあるけどみんなでどう?」と
半年前ぐらいに誘ってくれたのだ。
「神足、お前はいつも仲間は多いからな、多くなりすぎないように
(お座敷はゆっくり座れない)気をつけろよ」
「わかったわかった最大20人ね」生返事。

そして最小限のどうしても来てもらいたい30人ぐらいに声をかける。
来れない人もたくさんいるだろうから。
その中で「いく!」と返事をくれたのが「27人」
最後まで一人も欠けることなく参加。
「キャンセルは一人もいないってほんと?いいの?食事確定しちゃうよ」
何回も広島の友人とやり取りするが
「ほんとなんだよ、一人も来ない人はいない」
一人や二人仕事がってキャンセル出るかもねって言っていたのに、
誰一人かけずに参加してくれた。ボクはそれだけで上機嫌。
舞妓さんもいいけどみんなが集まってくれるのがなんと言っても嬉しい。
会えただけで嬉しい。大家族の正月のおじいちゃんのような感覚だな。





今月のキーワードは「電子カルテ情報共有サービス」。
全国の医療機関における医療情報を利活用したり、
私たち自身の健康増進のために
医療情報を使うことができるような仕組みのことです。

電子カルテ情報共有サービスは、大きく4つのサービスで構成され
医療機関等内文書情報送付サービス、
全国医療機関等の6情報閲覧サービス、
全国医療機関等及び医療保険者の健診文書閲覧サービス、
本人の6情報・健診文書閲覧サービス、です。

この電子カルテ情報共有サービスを用いた情報閲覧は、
患者さんの同意が必要となっています。

開始時期は、2024年度末から2025年度とされています。
自分自身の医療、健診情報を活用することで
日々の健康づくりに活かしたり、
早期受診で悪化防止を促進することを目指しています。

国内のデジタルヘルス、データヘルスの準備が着々と進められており、
健康データを交えて、健康づくりの方法をAIが提案してくれる、
そんな時代がもうそこに来ている、とのことでした。

株式会社レスコの藤川佳應社長に教えていただきました。




今日の9時台には、
コミックバンド「おふろ de アフロ」のボーカリストで作曲家、
そして、誰でも弾ける楽器「インスタコード」の開発者、
ゆーいちさんこと永田雄一さんにお越しいただきました!

インスタコードとは、以下の写真のような楽器で、
番号が振られたボタンを押して演奏します。
演奏技術というよりも、演奏方法がわかれば弾けるのが特長!
ちなみに、昨年岡さんは、初めてにして、
X Japanの「紅」と、なかなか難易度の高そうな曲に挑戦しました…!



ゆーいちさんが開発し、さまざまな方の技術協力や
クラウドファンディングを経て、発売に至ったインスタコード。
「誰でも弾ける」を大事にされていて、改良もされています。

そんな中、先月、インスタコードが、
世界で最も革新的な電子楽器を表彰するアワード
「MIDI Innovation Award」 で、世界3本の指に入ったそう!
すごすぎて理解を超えてしまいそうな展開です…!

今日もスタジオで素敵な音色を披露いただきました!
インスタコードの進化、
そしてこれからのゆーいちさんの発明に注目ですね!



メンズ&レディース トータルファッションを仕立てる専門店
「サルトリパーロ」の店主 タッキーが出演する月イチ企画。
今月のテーマは「決めジャケットを作ろう」!



今月のキーワードは「IoT」。
IoTとは、「Internet of Things」の略で、
「モノのインターネット」と訳されます。
パソコンやスマホ、スマートウォッチやデジタル家電などが
インターネットにつながっていくことをIoT、
つながっていくモノのことをIoT機器、IoTデバイスと言います。

これによって、エアコンのスイッチを帰宅前に入れたり、
買い物中に冷蔵庫の中身をカメラで確認したり、
ということができるようになっていますよね。

このIoTの技術や考え方は、医療の世界でも取り入れられています。
スマートウォッチで歩数などを確認、体重計がスマホに繋がる、
体温計や血圧計のデータを病院のお医者さんや看護師さんが診る、
スマホ経由で聴診器の音を離れたお医者さんがヘッドフォンで聴く、
といったことができます。
遠隔地でも、診療ができるようになっているんですね。

また、デジタルツインによって、
人体や体の部位の仮想モデルを作成し、新しい治療法を試す、
データから、地域の10年後にどのくらいの医療リソースが
必要かシミュレーションする、といったことも進められています。
より精度を高めるためには、多くのデータが必要になります。

レスコさんもそういうことに取り組み、具体的に実現していくことで
医療の発展や人々の健康に貢献を、と考えられています。

株式会社レスコのDear Partners担当、
堀江ひろしさんに教えていただきました。



TOP