今週のハイライト





アフリカのサイに絶滅の危機が訪れているって、聞いたことがあるだろうか?

サイのツノを狙った密猟という痛ましい出来事のせいで、
サイの命もろともに奪っていくのだそう。
このサイの密猟が後を絶たないのはサイの角の需要の高さが
原因になっているという。

今ではサイ自体が数が減っていることもあり、
ツノ1本2千万円以上という高値で取引されているのも原因の一つだという。

保護区ではサイのツノを短く切ってサイの命を守る活動がされている。
ツノを短くすること自体自然なことではないので悲しいことだが、
命を守るためには今の状態では仕方のないことだと聞いた。
それも今までは観光でその資金をまかなっていたがコロナ禍、
それも出来なくなっていた。密猟が蔓延る。

アフリカ在住の大田ゆかさんという方がいる。
南アフリカ共和国のグルーガー公園エリアで唯一の日本人サファリガイドで
環境保護活動をされている。幼い頃から動物が大好きだった。
幼い頃からの夢であった「野生動物を守る」を叶えるために、
大学の途中で単身アフリカに渡った。
それからアフリカの野生動物の現状を知った彼女は、
さまざまな活動を続けてきた。
そんな中「アフリカのサイに絶滅の危機が。。。
日本のみんなと野生のサイを密猟から守りたい!」という
クラウドファンディングを昨年の12月に始めた。110万円目標。
ささやかながら募金をした。

50万円ぐらいを推移していてまあ、大丈夫だろうなあと思っていたら
翌日急激に目標額達成の知らせ。
一昨年、テレビ番組の3時間スペシャルで
ゆかさんを密着した時のタレントさんが大口の寄付をされたのだという。
そして再チャレンジも達成され、クラファン成功。

僕らもこの3月に寄付のお礼として
サイのツノ切りを生ライブで拝見できるという恩恵に授かった。

聞くのと見るのでは全く違う。
ゆかさんがジープを運転してサイを捜索しているクルーと連絡を取る。
ヘリコプターでサイを探しているのだ。
アフリカの地を走り抜く姿自体も他の動物に出会ったりすごい映像だったが、
何より追いかけながらの映像やお話は臨場感がある。
ドキドキしてくる。まさしくライブ。

そしてなるべく苦痛を与えないように
最善の状態を獣医師とともに最短の時間でツノを切る。
周りにいるクルーもやっていて切なくなっているのがわかる。
見ている僕らだって胸が痛くなる。人間の都合で。
映像から壮絶で行き場のない現実が流れてくる。
番組でご一緒したタレントさんが大口の寄付をされたのも
わかるような気がする。
そのタレントさんも動物好きだとのことだが
実際の現場でゆかさんの活動を見ていたらなお、
心は動くのではないだろうかと思う。
アフリカの遠い地でひとりの日本人が
こんな活動をしていることを誇りに思う。

これからも応援していきたい。



TOP