今週のハイライト


こんなに突然思いもよらなかったことが起こるなんて
人はあまり考えていない。

つい先日までお元気で声をかけてくださっていた方が
亡くなる衝撃は大きい。

もう知り合ってからは随分経つ。20年弱か。
ボクが元気な時は、挨拶をして立ち話をする程度の間柄ではあったが、
昨年からこの番組にコーナーをいただいていた。

一文字弥太郎さんが亡くなったなんて今でも信じられない。

一文字さんと最後の間接的会話になったのは、
12月のこの番組のコーナーでのことだった。

シニアとデジタルについてのコラムを書いたボクに対して
短いコメントの中でそれの問題定義をしっかりされていた。
デジタル社会の中で問題点が多岐に話は及ぶことを懸念されていた。

いつも今の立場のボクの気持ちに寄り添いながら、
しかし的確に厳しくも優しいコメントをいただいていた。
たった一言か二言のコメントなんだけど
毎回そのコメントは心に沁みた。

ラジオでは、ほんの1分ぐらいのやりとりであったが、
Facebookやプライベートメッセージでは
「こんなことは興味ありませんか?」とか
「ぜひ、番組でこの話題も紹介してください」
なんていうリクエストもあった。
美味しいコーヒーを送ってくれたり、
ボクの行っている取材や旅なんかにもよくコメントいただいた。
あんなに忙しくされているのに「ボク」という距離感の人に
こんなことまでしてくれるなんてどんな人なんだろうと思っていた。
ありがたかった。本当に。

良い人とか、優しい人っていうだけではなくて、
とことんいろんなことに好奇心がある人なんだろうなあと思っていた。
そして無類の本好きであるボクにとってその番組で
一文字さんが紹介している本たちの話が大好きだった。

この番組にどうしてコラムを寄せられるようになったのか、
企画を通してくれた一文字さんを初め
岡さんや皆さんには頭が上がらない。
何せしゃべれないボクがラジオ番組のコーナーを持ったのだから。
すごいことだよなあと思う。
声がなければ成り立たない世界で声の出ないボクを起用するなんて、
世界でそんなことをやってくれる放送局はあと一つ知っているだけだ。

ラジオ番組にはそんな思いもよらないことをさせてくれる自由さ、
いや本当の意味の報道だったり、マスコミのあり方が残っていると
ボクは思う。
世の中にとってラジオの力は思っている以上のものだ。
災害の時も病気の時のベッドの中も幸せな時も。

そんなラジオの大切な原動力を失ってしまった損失は大きい。
本当に悲しい。悲しすぎる。

ご冥福をお祈りしております。本当にありがとう。



TOP