今週の深堀シャベル


7月1日に、レジ袋が有料化に。
背景には、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、
地球温暖化といった課題がありますよね。
一方で、プラスチックは、私たちが便利な生活を送るには、
なくてはならない存在にもなっています。
今日は、プラスチックについて、
大阪大学 工学研究科 応用化学専攻の宇山浩教授にお話を伺いました。

身の回りのものにたくさんプラスチックが使われているのはなぜなのか、
プラスチックの特性や歴史、
環境にやさしくないと言われがちだけど、専門家から見ると実際どうなのか、
海洋プラスチックも、
そもそもは「プラスチックを海に捨てる」というモラルの問題であること、
環境にやさしいプラスチックを、となりますが、開発に10年はかかるし、
そのための工場を作ることが環境に良くない、などなど・・・
たくさん教えていただきました!

また、リスナーの皆さんから
たくさんいただいた質問にも、さまざまご回答いただきました!

宇山先生は、クラウドファンディングで
プラスチックに関する情報発信の場を作ろうとしているとか。
気になった方は、こちらも見てみてくださいね。



TOP