今週の深堀シャベル


毎月第三土曜日の深堀シャベルは、
東林館高等学校理事長 喜田先生の親子教育相談所。

1月に「目標の立て方」を喜田さんにアドバイスしてもらいました。
より具体的に目標設定する、と夢が叶うと。
しかし、リスナーからこんな意見をもらいました。
『目標を立てようにも、そもそも将来の夢が見つからない』と。

ということで、今月のテーマは
「将来の夢の見つけ方、親はどうアドバイスすればよいか?」

文科省の資料によると、「将来の夢や目標を持っているか」という問いに
小学6年生では67.7%、どちらかと言えばを含めると80%以上に。
しかし中学生になると、将来の夢や目標を持っている人が半数に・・・。
こうして考えると、夢を見つけるのって意外と難しいことに気づきます。

夢がない、やりたいことが見つからない。
こんなこどもがいたら、どんなアドバイスを?

夢を持たない!と決めている子に対して、
無理やり夢を持たせようとするのは逆効果。
ただ、現状夢がないけど見つけたいという子には
一緒に動く必要があります。

また、ハードルの高い夢や目標を掲げている子は
自信家のようで逆に自分に自信がないということが多いそうです。

自信がないからトライしたい→人に認めてもらいたい

いづれにしても、ハードルが高い夢(目標)だからといって
頭ごなしに否定したりするのはよくないですよね。

今日の喜田先生のお話は、こちらで聴くことができます。
気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。



TOP