今週の深堀シャベル

遠い地平線が消えてふかぶかとした土曜の朝に心を休める時
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は
たゆみない宇宙の営みを告げています。
それにしても人はなぜ旅に出たくなるのでしょうか…?

今日は広島市在住の世界の朝ごはんトラベラー水島早苗さんに
Googleアースを片手にラジオの中で世界旅行に連れて行ってもらいました!

世界70か国以上を旅してきた水島さんに案内したもらったのは、
ドイツ・デュッセルドルフと
イラン・テヘランと
ロシア・モスクワ!!

実際に足を運んだことのある方のお話は、本当に面白い‼
イランの人々は、観光客を見つけると「写真撮って!サインして!」と
声をかけてきてくれて、まるでハリウッドスターのような気持に
させてくれる!というお話が印象的でした!

あ、水島さんとの写真を撮り忘れてしまいました…(つд⊂)エーン



今週は、広島市西区横川で生まれ、
広島のみんなに応援してもらおうと奮闘している女子サッカーチーム、
アンジュビオレ広島の特集!

存続が危ぶまれる中、11月1日広島で試合が行われ、
1657人の観客が応援に。試合後、存続することが発表されました。

スタジオには、NPO法人 横川スポーツ・カルチャークラブ理事で
なでしこリーグ実行委員の神村登紀恵さんと
ボランティアスタッフのひとり、ショウさんにお越しいただきました。

存続決定してよかった!!と手離しで喜ぶにはまだ早く、
まだ運営する上での資金の目処などはたっていないとのこと…

まだ課題が多くある中の存続決定とはなりますが、
アンジュヴィオレ広島は来シーズンも、
<地域の皆様とのつながりを深めて、
「明日もがんばろう!」と思える地域社会を実現する!>
という理念のもと広島のため、広島女子サッカー界のために
頑張っていくとメッセージ。

アンジュヴィオレ広島のHPはこちらから



今日は、仏教とテクノロジーの融合を手がけているクリエイター
広島市在住・河野円さんにお越しいただきました。

河野さんは広島市立大学芸術学部で彫刻を専攻、
9年前からフリーランスのビデオカメラマンになり
2年前からプロジェクションマッピングなどの制作を始め、
今、「サイバー南無南無」という新しい法要などを広島はもちろん、
全国各地の住職とコラボして展開していらっしゃいます。

奈良時代までは仏教を通じて時代の最先端技術を
取り入れて進んできましたが、奈良時代以降は古いものを大切に
という考えになってきました。
建造物などを見てもなんとなくそんな感じがしますよね…!

テクノロジーを仏教に取り入れるということは、
奈良時代以前の考え方に戻るということ。

時代は進んで、令和の今の最先端技術を仏教に取り入れてみよう!
といった考えに基づいた活動です。

お寺とコラボをしてプロジェクションマッピングをしたり、
LED証明を仏像とマッチさせて輝かせたり。
仏像なので、失礼にならないことを前提に、煌びやかになるように。

お寺とのコラボでは、SNSを通じた活動も。
島根県江津市敬川町にある浄土真宗本願寺派の寺院
蓮敬寺の住職・冨金原 真慈さんにもお電話を繋いてお話を伺いました。

日本はよく無宗教と言われますが、そんなことはないと思っています。
古き良き文化を守りつつ、時代に応じた形で楽しく継承していけたら、
またこれから変わってくるかもしれないですね!



毎月第3土曜日の深堀りシャベルは、
東林館高等学校 理事長 喜田紘平さんの親子教育相談所。
明日は孫の日!ということで、今日のテーマは
「ちょっとモヤモヤすることないですか?『孫育て』について考える」
といったテーマでお話を伺いました。

新型コロナウイルスの影響でなかなか孫に会えない・・・
という人がいる一方、共働きなど忙しい親に代わって
孫の面倒を見ているじいじやばあばも増えているのではないしょうか。

子育ては、チームプレイなので、誰かが悪者になってはいけません。
また、親の役割とじいじ・ばあばの役割は違います。

じいじ・ばあばのしてほしいことは・・・
・今も昔も変わらないことを子供に教えること。
例えば、地元の秋祭りについてや、由来など…
今の時代、お孫さんに合わせようとしなくていいのです。
・親の気持ちを代弁すること。
お母さんはこんなに○○のことを想っているのよ~等。

反対にしてはいけないことは、
父母を子供の前で注意したり、悪者扱いをすること。

また、家族は写し鏡です。
お父さん、お母さんが自分の両親(じいじ・ばあば)に
攻撃的な口調になっていませんか?
お子さんは真似してしまします・・・

せっかく大人がたくさんいるなら、チームプレイで
より良い子育てができることを願っています!!

今日の放送の内容は、こちらで聴くことができます。
聞き逃した方は、ぜひ聞いてみてくださいね。



今日は、10月10日、お好み焼の日ということで!
ラジオ番組「お好み焼のある風景」を大特集!
番組パーソナリティの柏村武昭さんが生出演!!

「お好み焼のある風景」は、
毎週月曜日と火曜日の午後11時55分~12時に放送
リスナーの皆さんから「お好み焼の思い出エッセイ」を募集し、
選出作品はラジオで放送、優秀作品は描きおろしアニメーション動画に。
この度、10周年を迎えました!紹介した作品はなんと1000作品以上!

今回「お好み焼のある風景」10周年を記念してラジオドラマを制作
テーマは「戦後のお好み焼の思い出」
リスナーのみなさんから思い出を募集し、その思い出を元に、ラジオドラマに。

ラジオドラマになったのは、
一つは「白い雲、みっつ」。
『お好み焼きに、こやしが入っていた?!』 
勘違いから始まる15歳の青春。
もう一つは「おばあちゃんの後悔」。
小学6年生の孫・ハル子と、こどもを亡くし、戦争を生き抜いた大人たちの物語。
どちらも昭和30年代の広島が舞台です。

放送は今日午後4時から!!
ぜひ聴いて感想をナチュラリストにも送ってください~!





TOP