岡佳奈がラジオリスナーの皆さんと一緒に農業や地産地消、食などを学びます。
広島の旬な野菜や果物などの情報や、美味しい野菜や果物の食べ方。農業の楽しさや大切さなど楽しい雰囲気でお送りするコーナーです。
リスナー皆さんからの身近にある食や農業についてのお便りも受け付けています。
『ニンジンが苦手な我が家の子どもはこういう工夫をすると食べる様になりました』
『産直市でこんなもの見つけました!』
『家庭菜園で子どもと野菜を作っているんだけど上手な育て方教えて!』
『農業の楽しさや大変さ』などなど、質問やほのぼのネタまで幅広く受け付けます。
(※週によっては、お便りテーマがあります)
時には専門家のアドバイスを交えながら農業に関する疑問を解決したり、ちょっとためになる話題が満載です。
是非お聴き下さい。

2024.06.22 (Sat) OA

今週は、中国新聞セレクトに紹介されている、
「農家直伝 ひろしまレシピ」についてご紹介。
16日(日)に掲載された
JA尾道市女性部 のレシピ「米粉ケークサレ」です。
JA尾道市 総合企画部 組合員課の益永恵子さんに伺いました。

Q 「ケークサレ」とは?
・フランス発祥のお惣菜ケーキのこと。
 「ケークサレ」という名前は、塩味のケーキの意味を持つ。
 甘くないケーキで、ベースの生地の中に野菜やチーズ、
 お肉などを入れて焼き上げる。
  
Q レシピの考案のきっかけは?
・JA尾道市女性部では、小麦粉の高騰を受け、
 国産米粉の普及を目指して、
 「米粉で作る 簡単レシピ集」を作成。
 その中に掲載されている一つ。
・日本の主食である米を細かくひいた米粉を、
 気軽に家庭でも使ってもらおうとの思いから。
・JA尾道市管内の女性部からそれぞれレシピを募集し、
 実際に作って写真を載せて発行。
 組合員や管内女性部の皆さんに配った。
(販売予定がなく在庫もないので、今は手に入らない。)
・米粉を使うと、小麦粉よりサクッとした仕上がりになる。

Q 「米粉のケークサレ」の材料・レシピを教えてください!
・レシピは4人分でご紹介します!
 パウンドケーキ型 1本分です。

 材料は、米粉 150g、ベーキングパウダー 6g、こめ油 40cc、
 卵3個、牛乳45cc、塩小さじ 1/4、ブラックペッパー少々、
 砂糖小さじ 1と1/2、粉チーズ 50g、クリームチーズ 50g、
 玉ねぎ 1/4個、パプリカ赤 30g、ほうれん草 30g、ロースハム 4枚

【レシピ】
1. 具材は角切り(8mm)にしてフライパンでさっと炒めておく。
 オーブンを170度に予熱しておく。
2. ボウルに卵、牛乳、塩、ブラックペッパー、砂糖を入れ、混ぜ合わせる。
3. 混ぜ合わせたボウルの中身に米粉、ベーキングパウダー、
 米油、粉チーズを加えて混ぜ合わせ、粗熱が取れたら具材を加える。
4. パウンド型にオーブンシートを敷き、生地を流し入れて、
 クリームチーズを少し押し込むように上にのせる。
5. オーブンで35〜40分焼く。

Q レシピのおすすめポイントは?
・レシピを考案した時期に、地元のほうれん草が旬だったので使った。
・冷蔵庫にある食材や旬の野菜を使って、手軽に作ることができるので、
 いろいろ作って好きな食材の組み合わせを探すと楽しいかも。

FAX
 082-221-3300

Eメール
 radio@rcc.net

「ナチュラリスト流
 食農塾」まで
個人情報の取扱について
 
 
JAグループ広島