一文字弥太郎と岡佳奈がラジオリスナーの皆さんと一緒に農業や地産地消、食などを学びます。
広島の旬な野菜や果物などの情報や、美味しい野菜や果物の食べ方。農業の楽しさや大切さなど楽しい雰囲気でお送りするコーナーです。
リスナー皆さんからの身近にある食や農業についてのお便りも受け付けています。
『ニンジンが苦手な我が家の子どもはこういう工夫をすると食べる様になりました』
『産直市でこんなもの見つけました!』
『家庭菜園で子どもと野菜を作っているんだけど上手な育て方教えて!』
『農業の楽しさや大変さ』などなど、質問やほのぼのネタまで幅広く受け付けます。
(※週によっては、お便りテーマがあります)
時には専門家のアドバイスを交えながら農業に関する疑問を解決したり、ちょっとためになる話題が満載です。
是非お聴き下さい。

2022.01.22 (Sat) OA

JA安芸の少し変わった取り組みについて、
医療法人社団更生会ワークネクスト 藤田 泰弘さんに伺いました。

Q「医療法人社団 更生会 ワークネクスト」とは? 
 JA安芸との関係は?
・ワークネクストは、医療法人社団 更生会 草津病院が母体。
法人内では、障害のある方々へ就労を支援する部門に位置づけ。
・「JA安芸きずな農園」で行う農作業について委託契約を結び、
「農福連携事業」を行っている。
・「農福連携」とは、障害のある方が農業に関する
 さまざまな作業を通して、自信の回復や、
 生きがいを持って社会参画することを実現していく取り組みのこと。
・ワークネクストの就労継続支援B型を利用されている皆さんが、
 月曜日、水曜日、金曜日の週3日間、農園へ行き従事。

Q イタリアントマト入りの「草津カレー」が誕生した経緯は?
・草津病院が、地域の医療機関や介護事業者等との連携を
 推進していくために、訪問時のお土産として
 「草津カレー」を作る計画が立ち上がった。
 ワークネクストは、その依頼を受けてイタリアントマトを納品。
・元々、草津病院の栄養課の作るカレーライスが、
 入院患者さんに好評だった。栄養士監修の下、
 イタリアントマト入りのカレーを作り「草津カレー」が誕生。

Q 「草津カレー」の特徴は?
・イタリアントマトは、加熱することで
 本来持っている旨味が引き出せる。
 加熱してカレーにすることで、その特徴を十二分に味わえる。

Q 今後「農福連携事業」をどのように発展させていきたいですか?
・今回の取り組みのように、地域の事業者さんや、
 消費者の皆さんから依頼を受け、計画的に野菜栽培をしていきたい。
・現在は、JAの産直市などへ出荷することが多いが、
 地域の方から依頼を受けて、野菜の栽培に取り組んでいくことは、
 障害のある利用者さんに、とても励みになると考えている。

FAX
 082-221-3300

Eメール
 radio@rcc.net

「ナチュラリスト流
 食農塾」まで
個人情報の取扱について
 
 
JAグループ広島