一文字弥太郎と岡佳奈がラジオリスナーの皆さんと一緒に農業や地産地消、食などを学びます。
広島の旬な野菜や果物などの情報や、美味しい野菜や果物の食べ方。農業の楽しさや大切さなど楽しい雰囲気でお送りするコーナーです。
リスナー皆さんからの身近にある食や農業についてのお便りも受け付けています。
『ニンジンが苦手な我が家の子どもはこういう工夫をすると食べる様になりました』
『産直市でこんなもの見つけました!』
『家庭菜園で子どもと野菜を作っているんだけど上手な育て方教えて!』
『農業の楽しさや大変さ』などなど、質問やほのぼのネタまで幅広く受け付けます。
(※週によっては、お便りテーマがあります)
時には専門家のアドバイスを交えながら農業に関する疑問を解決したり、ちょっとためになる話題が満載です。
是非お聴き下さい。

2022.06.25 (Sat) OA

今週は、中国新聞セレクトに掲載されている、
「農家直伝 ひろしまレシピ」についてお話を伺いました。
ご紹介したのは、6月24日(金)に掲載された
「JA三次」のレシピ「ズッキーニのペペロンチーノ」です!
JA三次 総務部 総務教育課 の 行政 邦彦さんに伺いました。

Q 三次では、ズッキーニの生産が盛んなんですか?
・JA三次管内では、21戸の生産者が育てている。
 生産に力を入れて取り組んでいる品目。
 5月下旬から出荷が最盛期を迎え、11月下旬まで出荷が続く。
・ビニールハウスでの春作、露地での秋作など、
 三次盆地の気候を生かして栽培、年々生産面積が拡大。
・寒暖差の大きい地域で作っているので、甘みが強い。
・乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫に保存すると、
 10日程度は味も落ちにくく日持ちがする。

Q 材料・レシピを教えてください!
・材料は2人分でご紹介します。
 ズッキーニ1本、パスタ200g、ベーコン2枚、
 ニンニク適量、タカノツメ適量、オリーブオイル適量、塩適量

・レシピ
1.パスタを茹でる。
2.オリーブオイルとニンニク、タカノツメを
 フライパンに入れて弱火で炒める。
3.香りが立ってきたら、ズッキーニとベーコンを入れる。
 軽く焦げ目がつくまで炒めて、塩を加えて味を調える。
4.最後にパスタを加えて混ぜる。

Q レシピのポイントは?
・ズッキーニに軽く焦げ目がつくくらい焼くこと。
 香ばしく、ズッキーニの香りも立つ。
・味にパンチを効かせたい時には、こしょうやバジルを加えて。
・ズッキーニはパスタ以外にも炒め物、ベーコンを巻いて焼くなど、
 何にでもあうので、いろいろな料理に使ってみてください!

FAX
 082-221-3300

Eメール
 radio@rcc.net

「ナチュラリスト流
 食農塾」まで
個人情報の取扱について
 
 
JAグループ広島