おひるーなブログ


火曜日のおひルームでは、コロナ禍での介護事業の今について

中区東白島に会社を構える訪問介護セカンドハウス代表の西田和貴さんを

スタジオに迎えて教えてもらいました!

ご自身の親の介護の経験を経て18才からこの世界に飛び込んだという

西田さん。まだまだ30台半ばとお若いですが、介護事業の充実に日夜奮闘されて

います。

緊急事態宣言の時には利用者さんと触れ合う際には必ず必要となる

手袋やマスク、消毒液の確保なども大変だったそうです。

2025年問題と言われるように、すぐそこに迫っている超高齢化社会。

ますます「介護」という存在を身近に感じていかないといけないかもしれませんね。



おひるーなプラスでお迎えしたのは2019広島観光親善大使の

小林絵真さん。和歌山県出身で大学進学をきっかけに広島に来たという

小林さんですが、広島の魅力を発他県出身の目線から発信されています。

コロナの影響でイベント中止が相次ぐなど今年は活動に制限がかかって

しまいましたが、「素晴らしい経験をさせてもらってます!」と満面の

笑みで語る姿はさすが親善大使!

そんな小林さん達の後を継ぐ2020広島観光親善大使を現在募集中です。

詳しくはコチラまで!


TOP