おひるーなブログ


今日のおひルームは、熊野筆について。
熊野バーチャル筆まつり実行委員会 委員長の 竹森 臣さんと、
事務局長の 吉川 美樹さんに、スタジオにお越しいただきました!

筆をたくさんお持ちいただいて、触り比べ!
リスの毛は繊細、イタチはコシがあって強い、絵筆には豚の毛も、などなど…
特色の異なる動物の毛や繊維を、用途によって使い分けているそうです。
さらに筆にも書道用・絵画用・化粧用に加えて、
医療用筆や指紋を取るための筆などがあり、
お好み焼きのソースの刷毛や仏壇掃除用の刷毛も熊野製のものがあるとか!

来週22日~27日の6日間は、
オンラインで「熊野バーチャル筆まつり」が開催されます。
筆の市では、熊野筆がお得にゲットできるかも!
さらに、筆供養や伝統工芸士の筆作りをオンラインで配信、
化粧筆を使ったオンラインメイクレッスン、
洗うライブという気になるイベントなど、盛りだくさんな内容です!

毎年熊野へ足を運んでいる方はもちろん、
これまで参加できなかった方にも、
筆の楽しさや魅力を知ってほしい、とお話しされていました。
気になった方は、「熊野バーチャル筆まつり」をチェックしてみてくださいね!


TOP