おひるーなブログ


RCCでは、防災意識の向上と緊急時に備えるため「RCC防災キャンペーン」を

行っています。そこで今日のおひルームでは、RCC気象予報士で防災士でもある

岸真弓さんをスタジオに迎えて、「避難の考え方」について教えてもらいました。

ひとことに避難と言っても、災害の種類や家族構成によっても違ってきます。

最近、よく言われているのが「マイタイムライン」。

災害時に自分自身がとる防災行動、家族がとるべき行動を時系列的に取りまとめて

おくものですが、広島県からも「ひろしまマイタイムライン」として推奨されています。

地震のような突発的なものは日頃からの備えが必要ですが、台風や豪雨などは事前にしっかりと

準備ができるもの。この機会に家族でもう一度話し合ってみるのもいいのではないでしょうか?

そしてRCCでは「RCCオリジナル防災セット」も販売中。

防災用品で買い揃えにくいものを集めています。コチラも要チェック!

 


TOP