おひるーなブログ


今日は、12月28日から長期改修工事のため休館になる「広島市現代美術館」について、

休館前のイベント情報やこれからの動きなど、広報担当の岩本 史緒さんにお話を伺いました。

 

「広島市現代美術館」、通称「ゲンビ」は、1989年に開館し今年で31年目。

休館は2年3ヶ月で、再開は2023年3月を予定されています。

改修後、見た目にわかる大きな変化として、エントランス部分にガラスの部屋が作られます。

こちらは、カフェやワークショップができるスペースになるとか。

 

12月は無料開放され、「コレクション・ハイライト」の展示を観覧できます。

そして「ゲンビ・リコレクション」として、

空っぽの展示室や、壁をとっぱらった部屋などを見ることができます。

休館中の活動も計画中!

来年1月末からは、市役所などでゲンビの作品展示を開催が決まっているそうです。

 

休館に向けて、イベントやワークショップもいろいろ行われています。

いつでも参加できるのは、「フロッタージュ」と「たてものを撮ろう、たてものと撮ろう!」。

ゲンビの今の姿を残しておこう、というイベントです。

12/26・27は、クロージング・イベントとしていろいろ考え中だとか。

 

休館後は、「今」を扱うライブな場所として、美術の「今」を伝え、

美術や美術館との「今的」な関わりを提案していきたいとお話しされていました。

また、展覧会を見る以外にも、気軽に訪れることのできる楽しみ方を考え中とか!

 

あと1か月ちょっとで休館になるので、今の「ゲンビ」が見られるのもあと少し!

この機会に、足を運んでみてはいかがですか?


TOP