おひるーなブログ

毎週水曜日の14時台は、

「広島家族元気じゃけんいきいきプロジェクト」と連動して、

『ヘルスケア』をテーマにお送りしています。

 

今日は、唐澤アナウンサーの

「外反母趾」についての報告でした。

 

唐澤さんから、足の悩みに関して聞かれたイシバシ。

「かかとから、足の指先にむかって

親指と小指が外側に広がっている形をしている。

河口へ向かって両サイドに広がる『三角州』のような感じ。

市販されている靴の履き始めは、うまくフィットしない」と答えると、

唐澤アナが「ダイビングで使う『フィン』みたいですね」とひと言。

実に分かりやすい表現!

勉強になりました!

あざ~すっ!

今後、自分の足を見るたびに

『フィン』もしくは『ペンギンのような足』と想像するでしょう。

 

ちなみに「外反母趾」は、成人のおよそ3人に1人が悩んでいるというデータもあるそうです。

「外反母趾」にならないため、悪化させないためには、

「歩き方」と「靴選び」が大切とのことでした。

 

「外反母趾」に関して、気になる方は、

radikoのタイムフリーで聴いてみてください。

 

 

イシバシ マコト


TOP