おひるーなブログ


現在、ひろしま美術館で開催中の大回顧展「ピカソ 青の時代を超えて」。

ひろしま美術館の森静花学芸員をゲストでお迎えし、

ピカソの魅力を教えて頂きました。

 

絵画に関しては詳しくない方でも、

『ピカソ』の名前は知っている方は

いらっしゃるのではないでしょうか。

父親は画家で、絵画が身近な環境にあったピカソ。

現存では、9歳ごろに描いたスケッチが残っており、

15~16歳ごろは画家としての評価を高めていったそうです。

 

画家になってからは、様々な女性との出会いで、

その作風が変化していったそうです。

・10代のころは、アカデミックな絵。

・20代のころは、青の時代。

その後、バラ色の時代やキュビズムへと続き、

一つ一つが興味深い作品となっているそうです。

 

国内外からおよそ70点の作品が展示されている「ピカソ 青の時代を超えて」。

5月28日(日)までの開催です。

興味のある方は、

ぜひ、radikoのタイムフリーをチェックしてください!

 

イシバシ マコト


カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

TOP