おひるーなブログ

ゲストコーナー「おひルーム」

シリーズ累計295万部を売り上げている「こびとづかん」シリーズ。

作者の、なばた としたかさんにお話を伺いました。 

 

あさって、6月23日(金)から熊野町の筆の里工房で

特別展「なばた としたか こびとづかんの世界展」が始まります。

 

なばたさんの作品の中では、

『昆虫でも植物でもない ふしぎな生き物』とされているこびと。

インパクトのあるこびとたちの豊かな表情は、

一度見たら忘れられません。

さらに、ユニークなネーミングなど、

独特の世界観が広がっています。

 

なばたさんの世界では、

200以上のこびとが存在するとのこと。

「こびとたちを探したり、想像したりすることで、

いろいろなことに興味が湧き、

今まで当たり前だった景色が、

こびとたちのおかげで楽しくなる」と話されていました。

 

筆の里工房で、6月23日(金)~9月3日(日)まで開催されます。

開催期間中は、なばたさんの「トーク&サイン会」や

筆の里こびと探しスタンプラリーなどが行われます。

 

気になる方は、

radikoのタイムフリーでチェックしてみてください。


カレンダー
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TOP