おひるーなブログ

ゲストコーナー「おひルーム」

日本アンガーマネージメント協会 中国・四国支部長の

城所侑志さんにお話を伺いました。

 

これまで、城所さんは、

お仕事などで職員やお客さんに”イラっ”とすることがあったそうです。

「これでは、マズい!」というのがキッカケで、

アンガーマネージメントと出会い、

現在、講師の資格を取られたそうです。

 

今回、城所さんが所属する日本アンガーマネージメント協会が監修した

カードゲームが発売されたそうです。

それが、

「アンガーマネージメントゲーム・怒りのツボ・当て~る」

 

カードに書かれた”怒り”を感じうる様々な場面に対し、

回答者がどのくらいの”怒り”を感じるかを

他のプレーヤーが予想して当てる

”怒りのツボ当てカードゲーム”です。

 

このゲームを放送中に、

イシバシ、田口アナ、大橋ディレクターの

3人でやってみました。

回答者が感じている怒りが

予想よりも、上回っていたり、

その逆だったりと、

ゲーム性という面での面白さがありました。

そして、自分自身を客観的に見ることができ、

さらに、お互いの怒りを客観視することができました。

 

職場や家族や友人・知人と

このカードゲームをやってみると、

日常を一緒に過ごす周囲の人たちの印象とは別の

新たな発見があるかもしれませんよ

 

城所さんのお話や

紹介してくださったカードゲームについて

気になる方は、

radikoのタイムフリーをお聴きください

 

 

イシバシ マコト


カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

TOP