広島家族。元気じゃけんいきいきプロジェクトとは?

近年、広島県内では、従業員の健康を守る
「健康経営®」に取り組む企業が増えてきています。

一方で、広島県の健康寿命は男性71.97歳(全国27位)、
女性73.62歳(全国46位)と低位にあります。
また、特定検診の実施率も全国平均を下回り、
広島県民の健康に対する意識は決して高いといえないのが現状です。

そこで、RCCラジオは
広島市の健康づくり計画「元気じゃけんひろしま21」とタイアップ。
ラジオを通じて、リスナー1人1人の健康に対する意識を高めるとともに、
健康経営に取り組む企業の輪を広げようという取り組みです。

【健康経営とは?】
従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること。
健康経営を行うことは、生産性や従業員の創造性、企業イメージの向上などにつながると期待されています。

​​​​​​※​「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

出演:広島元氣いっぱいプロジェクト 岩崎浩美さん

  RCCラジオ(月)~(金)11:40~「おひるーな」内で放送中。
  平日午後2時、決まった時間に流れるラジオトレーニング。
  デスクで座ったまま、
  あるいは停まった時に車中できる簡単トレーニングを
  動画付きで詳しくご紹介します。


出演 公益財団法人中国労働衛生協会 
        宮田明 理事長

Q 中国労働衛生協会は福山市に本部を置く総合労働衛生機関ということですが、
  備後地域や岡山・鳥取を中心に、
  健康の面から企業の活動を支えておられるそうですね?
⇒当協会の本来の業務は産業保健活動でして、
 労働者の方が健康で安全に働けるような環境などを整備することを
 支援する業務を行っております。
 具体的には健康診断や産業医活動、保健指導、健康教育などですが、
 最近は地域にも目を向け地域住民の健康増進や疾病予防にも
 力を入れております。

Q 中国労働衛生協会では「健康経営優良法人2022」の大規模法人部門で、
 今年もその取り組みが認められたそうですね。
⇒・「健康経営」の概念がだんだん浸透して来まして、
  取り組む企業は年々増加しています。
  今年度は大規模法人部門には2,800を超える企業が申請しておりまして、
  そのうちのおよそ8割が「健康経営優良法人」に認定されています。
 ・大規模法人部門の上位500社以内に入ると
  「ホワイト500」という称号がいただけるのですが、
  幸い今年も2年連続で通算3度目の「ホワイト500」に認定していただけました。
  広島県で選ばれた3社のうち、独自の健康保険組合を持たずに
  ホワイト500に認定されたのは我々だけです。

Q 今回は特にどんな取り組みに力を入れられたのですか?
⇒昨年度は特に「労働時間の適正化・ワークライフバランスの確立」と
 「従業員に対する疾病の発生予防」を課題としております。
 労働時間の方は、時間外労働に対する職員の意識改革を行い、
 特に業務効率の改善に力を入れました。
 「疾病の発生予防」については特に運動不足の職員が多いことが判明したため、
 運動習慣定着のための施策をいろいろ行いました。

Q 運動習慣定着というとどんな取り組みをされたんですか?
⇒「チャレンジエクササイズ」と称する活動、
 即ち職員の日常の運動量に応じてポイントを付け目標をクリアした人には
 インセンティブとしてクオカードをプレゼントしたり、
 参加者は年一回当協会が有する器械を用いて体組成を測定し
 その効果を実感してもらうという事をしています。
 他には運動サークルへの金銭的支援を行ったりしています。

Q 中国労働衛生協会は「健康経営」を支援するために、
 サポート体制強化にも力を入れておられるそうですね?
⇒地域の企業にも「健康経営」を推進していただき
 元気になっていただきたいということで、
 「健康経営」の支援事業を一昨年より開始しました。
 信頼を得るためにも「ホワイト500」を取得したわけです。
 そして健康経営エキスパートアドバイザーの育成に力を入れました。

Q 健康経営エキスパートアドバイザーとは?
⇒・健康経営の必要性を説明し、実施のきっかけを作る
 「健康経営アドバイザー」という資格がありますが、
 「エキスパートアドバイザー」はその上位資格。
  実務経験のある人を対象にして、
  筆記試験後ワークショップでのロールプレイングや
  課題への回答などの実習をクリアした後認定される資格で、
  実際に企業に出向いて健康経営の実践をサポートすることが仕事。
 ・当協会では現在14名(保健師13名、渉外部門担当者1名)が
  資格認定され、14名体制になっておりますが、
  この地域では断トツの数だと自負しております。

Q 健康経営エキスパートアドバイザーが増えたことで、
  どんな変化がありましたか?
⇒・健康経営支援の契約をさせていただいた事業所には
  的確な支援ができるように、
  必ずエキスパートアドバイザーを派遣し、支援していますが、
  より多くの事業所からの要望への対応が可能となりました。
 ・担当保健師が最初にヒアリングを行い、
  その事業所が求められている支援が何かをお伺いするのですが、
  彼らも経験を積むにつれてそれを短時間で的確に把握できるようになり、
  対応すべき支援内容の企画も的確に行えるようになって来ています。
  当然それぞれの事業所で事情は異なっていますので、
  それぞれにカスタマイズした支援を心掛けてくれています。

Q 直接事業所に出向く渉外部門の担当者が
  健康経営エキスパートアドバイザーだと、
  健康経営を広めることにもつながりそうですね。
⇒彼らが担当事業所に対して健康経営の意義やメリットを
 正確にお伝えできるようになり、
 それぞれの事業所の実情に合わせた提案もタイムリーにできるようになりました。
 また健康経営の啓発についての広報活動も的確に行ってくれています。

Q 実際、健康経営の支援をされていて、感じられる変化はありますか? 
⇒熱心で色々な取り組みをされている企業では、
 我々の目で見ても従業員の活力が向上し、
 目に見えて活き活きと働かれていることが感じられます。
 またそういう企業では健診のデータや従業員のライフスタイルも
 明らかに改善して来ており、経営者の方には喜んでいただいております。
 まだ日が浅く事業業績や生産性の向上までの解析はできておりませんが、
 おそらく経営改善につながっていくものと信じております。

Q 健康経営がどんどん広がってくるといいですね。
⇒「健康経営」支援事業を始めて日が浅いのですが、
 支援させていただき積極的に協力していていただいている企業では、
 目に見えて成果が出ていますので我々もやりがいを感じており、
 これからもできるだけ沢山の企業のお手伝いができればと思っております。


出演:大塚製薬株式会社 ニュートラシューティカルズ事業部 
   広島支店 加納大輔さん

Q 熱中症の搬送者数は本当に多いですが、現状はどうなんでしょうか?
⇒・例年全国約5万人の搬送者があり、亡くなる方が7~800人程度
  8割程度を高齢者が占める。
  7,8月が多く、梅雨明けと同時に一気に搬送者が増える。

Q いつから「熱中症予防」が言われるようになってきたのでしょう?
 ⇒日射病、熱射病と呼ばれ方が様々だったころ、
  日本体育協会(現:日本スポーツ協会)が
 「スポーツ活動における熱中症事故対策に関する研究班」を設置。
 熱中症予防についての動きがスタート。
 大塚製薬では当初から連携、
 1992年から熱中症を知って防ぐ活動への協力を進めてきた。

Q コロナ禍で熱中症にならないために、どんな対策をしたらよい?
⇒・マスクをしていると喉が渇きにくい
 ・マスクをしていると飲み物をとることが減ってしまう
 ・外出自粛で筋肉の量が減り、
  結果的に水分量が減ることで熱中症になりやすくなる

Q 必要な対策は?
⇒・汗をかいた時は塩分を含んだものを補うのがポイント

Q 熱中症の確認方法は?
⇒・熱中症になると尿の色が濃くなる
 ・手で反対の手の甲の皮膚を引っ張ってみる。
  元に戻るまでに2秒以上かかるようなら、脱水症状が進んでいるので注意。

Q 熱中症対策といえば一番は水分補給だと思いますが、
  どんなことに気を付けて補給すればよいでしょうか?
⇒・塩分を補給することがポイント。
  熱中症で脱水が始まっているときに、水やお茶をとると、
  体の体液が薄まってしまうので、体液の濃度を一定にさせるために
  尿で外に出てしまう。
 ・防ぐために、塩分・糖分の補給が必要。

Q 熱中症になってしまったときは、どうしたらよいでしょうか?
⇒①症状の確認
  自分でペットボトルを開けられるか?
  高齢者の方は自分で水分をとれるか?
  →できなければ救急車を呼びましょう。
  水分補給をしても症状が良くならない場合はすぐに医療機関につれていく。

Q 今からでも取り組んでほしい対策があれば教えてください。
⇒・暑熱順化に取り組みましょう
  (まずは1週間、お風呂に入って汗をかく練習を)
 ・休みに涼しいところで過ごした方は、休み明けの熱中症に要注意!




出演:ベンダ工業株式会社 総務部 澤畑果歩さん

Q ベンダ工業は、車などのエンジンに必要な
  金属部品などを製造される会社ですよね?
⇒車などのエンジンを始動するときに必要な
 リング状の歯車である「リングギア」や、
 ドライブプレートと呼ばれる製品を主に設計・製造・販売する企業。
 現在、日本・韓国・中国・タイの4か国に生産拠点がある。

Q そんなベンダ工業で力を入れておられるのが健康経営。
  導入されて5年、具体的にどんな効果や変化を感じていますか?
⇒健康経営を導入したことにより、社員の健康意識の向上、
 また帰属意識の醸成や活力向上、生産性向上、
 組織の活性化等の効果が生まれ
 会社の将来の業績向上や組織としての価値向上に結び付いていると
 感じています。
 時間外労働も減って、有給休暇の取得率も高まりました。

Q ベンダ工業で、今一番解決したい健康課題はどんな点ですか?
⇒健康診断結果で、20代・30代という若年層にも
 脂質異常症と診断される社員が多いことです。

Q 脂質異常症というと、血液中の脂質の値が
  基準値から外れた状態のことですよね?
  どんなことが原因として考えられるんでしょうか?
⇒脂質異常症の原因は、一般的に生活習慣で、
 食べ過ぎ、運動不足、肥満、喫煙、お酒の飲みすぎ、
 ストレスなどが関係しているといわれています。
 特に高LDLコレステロール、中性脂肪については
 食生活が直接的な原因となりやすいとされています。

Q そんな中でベンダ工業が今、力を入れているのは
  どんな取り組みなんでしょうか?
⇒会社での食事から見直してもらおうということで、
 去年12月に社員食堂を設置しました。
 管理栄養士が考えた献立で、地元で取れたお米や野菜を多用した、
 健康に配慮した日替わり定食を毎日、提供しています。

Q 会社でとる食事から、
  健康を考えてもらえるというのはいいですね!
  今、ここに写真をお持ちいただいているんですが、
  いろんな国の料理があるんですね。
⇒メニューも和食の他、当社のグループ企業がある
 韓国・中国・タイの料理等を提供する時もあります。
 これまで、韓国料理はビビンバやプルコギ、
 中国料理はホイコーローや棒棒鶏、
 タイ料理はグリーンカレーが出た事があります。
 また、直近では七夕の日にちらし寿司やおそうめんが出たり、
 土用の丑の日にはうなぎのかば焼きが
 メニューになっている日があります。
 どのメニューも美味しくてバランスが取れていていると
 好評を頂いております。

Q  ちなみに社員食堂での費用的なサポートもあるんですか?
⇒社員負担400円で提供し残りを会社が負担しております。
 毎日健康のことを考えた社食を食べてもらう工夫をする事で、
 従業員の健康に食からアプローチしています。

Q 社員の方の反応などはいかがですか?
⇒現在のところ社員の3割の方が利用しており、
 おいしくてあたたかいごはんが食べられると
 大変好評を頂いております。
 今後も少しずつ増えていく物と考えております。

Q 今回は食事ということでしたが、
  次はどんなところに力を入れたいなどあれば教えてください。
⇒脂質異常と診断される社員が多い事から、
 今回は食についてのアプロ―チを行いましたので
 プラスして運動についてのアプローチを行いたいと考えております。

Q プラス運動というと、具体的には?
⇒現在は社員運動会の実施とサークル活動への補助を
 検討しております。
 毎日仕事をしていると運動をする機会が
 少なくなりがちな方が多いので、
 運動会やサークル活動で体を動かす事により
 日々の運動への意識づけに繋がればと考えております。
 サークル活動の補助では遠征費や道具購入費を
 会社が補助する事により、
 より有意義で活発な活動にして頂きたいと考えております。
 社員同士の仕事以外での面を知る事により、
 日々のコミュニケーションも活発になればと思っております。


出演:霞クリニック 島村泰輝先生

Q 改めてCTとMRIの違いを教えてください。
⇒【CT】放射線を当てることで、
 短時間で体のどこでも輪切りにする検査。
 早く全体像をつかむのに適しており、
 全身どこでも撮影する事が可能。特に肺に強いです。

 【MRI】簡単に言えば磁石の中に体を入れて撮像する。
 時間もかかるし、1回で撮像できる場所も限られているが、
 その代わりに写した所の状態を詳しく見ることが出来る。
 頭や胸、子宮卵巣や精巣、手足など、あまり動かない所に適している。

Q 続いて、病気別にどの画像診断が適しているのか教えてください。
 女性に最も多いがんといえば乳がんですが、
 こちらはどんな方法がいいですか?
⇒乳がんはマンモグラフィーで検診する事が一般的。
 簡便で早く終わる検査なのですが、挟むことに抵抗感があったり、
 今までに検査を受けて痛みなどで不快感を持った方もいるかも。
 そういった方にはMRIを撮像することで
 小さな病変であっても痛み無く見つけることができる。

Q 乳がんの検診がMRIでできるんですね?!
 痛みがないということですが、どんな検診なんでしょうか。
⇒まずは検査用の服に着替えてもらい、体に金属がないかを調べます。
 あとは検査室で横になっていただき、撮影するだけです。

Q 続いて、男性に多いがん・前立腺がんはどうですか?
⇒前立腺がんの検診もMRIが有効。
 前立腺とその周囲のリンパ節や臓器、
 遠隔臓器をCT、MRIの画像に映し出すことによって、
 がんが前立腺内にとどまっているのか、
 周囲の臓器に浸潤しているのか、
 または遠隔臓器やリンパ節に転移しているのか、などを確認できる。

Q それぞれの検査はだいたいどのくらいの時間がかかるんですか?
⇒乳がん、前立腺がんとも大体20-30分で撮影は終了。
 あとは前後にお着替えする時間がある。

Q 検査結果はすぐにわかるんですか?
⇒早いところで当日わかるところもある。
 1週間程度で結果が出る。

Q 放射線被ばくなど、副作用の心配はないのでしょうか?
⇒検診では造影剤を使いません。
 また、放射線も出ないので被曝の心配もない。
 ただ、閉所恐怖症の方は検査が難しいときがある。
 そして以外と自分が閉所恐怖症かどうかは、
 実際に検査受けてみるまで知らなかったという方が多い。

Q 私たち、患者にとってCTやMRIといった検査を受けることは、
 がんの早期発見という意味で有効ですよね。
⇒その他の診断方法、問診や視診、触診だけでは、
 たとえばがんを早期発見するのは困難。
 画像診断によって、がんの病巣がどこにあるか、
 どのぐらいの大きさか確認することが欠かせない。
 CT、MRIは小さな病巣や変化を見つけることができ、
 主に精密検査として位置づけられることが多い。

Q 最後に、画像診断を受けてみたいという方は
 どうしたらいいでしょうか?
⇒県内にも画像診断が受けられる病院がいろいろある。
 ぜひお近くの放射線診断専門医がいる病院を探してみてください。

 霞クリニックでも、肺がん検診や、
 脳ドックを主体とした検診を実施。
 検診・紹介、いずれの場合でも電話やメールでお問い合わせください。


おひるーなプラス

おひるーな・トレーニング

共催

  • 広島市
  • 協会けんぽ広島支部

協賛

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
健康経営「ひろしま企業健康宣言」| 協会けんぽ 広島支部