広島家族。元気じゃけんいきいきプロジェクトとは?

近年、広島県内では、従業員の健康を守る
「健康経営®」に取り組む企業が増えてきています。

一方で、広島県の健康寿命は男性71.97歳(全国27位)、
女性73.62歳(全国46位)と低位にあります。
また、特定検診の実施率も全国平均を下回り、
広島県民の健康に対する意識は決して高いといえないのが現状です。

そこで、RCCラジオは
広島市の健康づくり計画「元気じゃけんひろしま21」とタイアップ。
ラジオを通じて、リスナー1人1人の健康に対する意識を高めるとともに、
健康経営に取り組む企業の輪を広げようという取り組みです。

【健康経営とは?】
従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること。
健康経営を行うことは、生産性や従業員の創造性、企業イメージの向上などにつながると期待されています。

​​​​​​※​「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

出演:広島元氣いっぱいプロジェクト 岩崎浩美さん

  RCCラジオ(月)~(金)11:40~「おひるーな」内で放送中。
  平日午後2時、決まった時間に流れるラジオトレーニング。
  デスクで座ったまま、
  あるいは停まった時に車中できる簡単トレーニングを
  動画付きで詳しくご紹介します。


出演:株式会社 フレスタホールディングス 執行役員
    グループ管理本部 本部長 渡辺 裕治さん

Qフレスタには今どのくらいの方が働かれている?
⇒・約5200人が働く
 ・フレスタグループは1887年創業。ことしで135年。
  現在、広島県中心に岡山・山口で62店舗を展開。

Qフレスタでは「健康」をコンセプトに様々な展開をされているそうですね。
⇒2014年に健康経営に舵を切った。
 「ココロ、カラダに、スマイル。」をキーワードに、街の健康をリードする
 「フレスタウン構想」を掲げた。
 健康に関する商品の選択肢が最も多い、最上級の健康提案企業
 「ヘルシストスーパーマーケット」というコンセプトを打ち出した。
 サプリメントを売るのではなく、健康の提案を出来る企業になろう。
 ベジファーストの推奨、野菜を食べようなど、健康の提案ができるように。

Q健康はお客様への提案だけでなく従業員に対しても?
⇒健康経営を始めたきっかけは
 定年間際の人が病気になって後遺症が残ったケースがあった。
 余生は長いので元気に過ごしてほしいという思いがあった。
 スーパーとしてみても、元気な従業員でないと、
 鮮度感も出ないし、健康に見えない。
 丁寧な刺身が並んでいても手が真っ黒なら買う気にならないと思う。

Q健康経営に関して、特別な取組をしていると聞いたが?
⇒全従業員が自身の健康に関する目標を宣言し、お客様に見てもらうようにした。
 5キロ痩せる、と書くと実際にお客様にも聞かれる。
 自分事にできる、自分の認識をするという意味で効果があった。

Qほかにも特別な取り組みをされていると聞いたんですが、詳しく教えてください。
⇒「フレ・スマートプロジェクト」
 =昨年の従業員の健診結果から、「30歳以上で腹囲がメタボ基準値を上回る」、
 「血圧・血中脂質・血糖のいずれかが異常値である」
 という条件に該当する人の中から、対象者を選出。
 専門家と協働の上、運動面や食事面での健康支援を行っている。
 この取組で中には120キロから80キロに減った人も。
 歴史も説明できる長く働ける人を大切にしたい。

Q 女性たちが健康で働けるように、支えるための取り組みもされているそうですね。
⇒30代から乳がん・子宮頸がんなどの危険性ある。
 女性の生理的に起こることを医師に講習してもらい、
 管理職が理解する取組も。

Q このほかにも、仕事の仕方改善にも積極的に取り組まれているんですよね。
⇒本部スタッフは午後6時5分にPC自動シャットダウン。
 大事な仕事は午前中にするようになった。
 11時から12時は誰とも話をしない時間を設定。まずは仕事を進める。
 2020年3月1日からフレスタは全面禁煙に。

Q実際に従業員の方の反応はいかがですか?
⇒たばこを数人は12ヶ月のうち1ヶ月働いていないというデータも出ている。
 最初は反発もあったが、理解してもらった。
 シャットダウンによってみんな時間の感覚がもてるようになった。
 みんな同じ時間で仕事をしている。
 時短を取って時間がない中、仕事を済ませていく女性がいる一方で、
 男性がゆっくり仕事をするのは違うのでは。

Q地域に向けた取り組みも積極的に行われているそうですね。
⇒コロナでできないこともあったが、店舗に健診車をつけてもらい、
 買い物ついでに健診を受けられるようにしている。
 マラソン大会で体力つけてもらうという取組も。

Qそれらの積み重ねがあって、
 健康経営についても高い評価を受けられているんですね?
 日本政策投資銀行が行う健康経営についての格付けで、高い評価を受けられたと聞きました。
⇒健康経営が私たちのエゴになるのが怖い。チェックリストが必要。
 補助してもらうのに、チェックが必要だった。自信を持って続けてこられた。
 日本政策投資銀行の行う「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」で、
 飲食料品小売業会で初の3年連続「最高ランク(Aランク)」の格付を取得。

Q今後健康経営を続けていくうえで、これから力を入れていきたいことは?
⇒雰囲気で健康そう、という状態だが、
 データに基づいて、従業員に健全の健康をもってもらえるようにしたい。


出演:全国健康保険協会(協会けんぽ)広島支部 大和昌代さん

Q 全国健康保険協会(協会けんぽ)とは?
⇒日本は国民皆保険制度を採っているため、
 皆さん何かしらの医療保険に加入。
 協会けんぽはその中で最も大きい医療保険。

Q 広島県民のおよそ4割の方が加入されている?
⇒案外気づいていない方も多いが、水色の保険証の方は協会けんぽ。

Q 健康保険証の発行から健康診断まで幅広いお仕事があるんですよね?
⇒健康保険証の発行、医療費の支払いなど、日常に密着した仕事から、
 加入者の子どもの誕生、また亡くなられた時の給付金の支給など人生に関わる仕事を行う。

Q 協会けんぽでは、加入者の健康状態を分析されている?
⇒「支部別スコアリングレポート」を作成。
 全国はもちろん、広島支部加入の40歳以上75歳未満の方の健診データや医療費データをもとに、
 加入者ひいては県民の傾向や特徴、健康課題を把握していろいろな事業に生かしている。

Q 健康結果からどんなことがわかった?
⇒・全国的には男性の5人に2人がメタボ及びメタボ予備群。

Q メタボは改めて確認すると?
⇒・おなか周りに脂肪がついた内臓脂肪型肥満の状態。太っている人が全てメタボではない。
 ・二の腕やお尻に脂肪がついて太っている人は違う(皮下脂肪はいい働き)。
 ・お腹周りについた内蔵脂肪が増えすぎると、
  高血圧、糖尿病等を引き起こす悪いホルモンを出すので要注意。
  でもメタボの状態であれば健康な状態に戻れる。

Q 内臓脂肪がたまっているのを簡単に確認する方法は?
⇒・お臍を軸にしてまっすぐ線を引いたわき腹をつまむ。
  つまめる人は皮下脂肪の可能性が高い。
  つまめない人は内臓脂肪がたまっている可能性が高く要注意。
  健診機関でメタボCTのオプション検査も。

Q 広島県民って健診結果や生活習慣に特徴があった?
⇒・健診項目では、糖尿病のリスクが全国平均より高いという特徴がある。
 ・糖尿病は全身に合併症を起こす怖い病気。失明や神経障害、透析などを引き起こす。
  免疫力も低下させるので、コロナ感染症など感染症が重症化しやすく、がんにもなりやすいデータあり。
 
Q なぜ広島県民は糖尿病リスクが高い?
⇒・糖尿病は、遺伝というよりも、生活習慣が大きく影響している病気。
 ・広島県民の生活習慣で全国平均より高い項目は、運動習慣の改善が必要な方が約7割。
 ・睡眠で休養が取れていない方の割合が高い人が約4割。2つの生活習慣の乱れも影響しているかも。

Q これを踏まえて、まず私たちは何から始めたらいい?
⇒・自身の健康状態を確認する第一歩として、1年に1度は必ず健診の受診をお願いしたい。
 ・コロナ禍のため、令和2年度広島支部加入者の健診受診者数は前年度と比較して12月末現在で
  1割程度減少。受診控えは危険!!

Q 健診を受けるだけではだめ?
⇒・健診後には健診結果により、メタボ及びメタボ予備群と判定された方を対象とした
  特定保健指導を実施(年間5,000社)。
  生活習慣を改善するのは簡単に見えて結構根気や工夫が必要。
  保健師や管理栄養士が長く続けられる方法をサポートさせていただく。
 ・病院への受診控えも起こっている。治療中の方は自己判断でやめないこと。

Q 先週、ウォーキングについてのお話をきいたばかり。
  何か運動を始めないといけないですね。
⇒・糖尿病のリスクが全国平均より高い広島県民なので、運動は取り入れてほしい。
 ・運動する時間がないとよく言われる。階段上り、通勤時徒歩、買い物等。トイレは遠くに。
  日常生活に活動を取り入れる工夫紹介(30分:3,000歩、100キロカロリー)
  週5回×4週間×12か月≒3キロ減。メタボ5%体重減で解消される。

Q 睡眠不足、休養不足の改善も大切!
⇒・コロナ禍で事業所にお伺いしていると、睡眠不足で不調を訴える方が多いように感じる。
  不規則な勤務の方は明るい時間に寝ないといけない。習慣化が難しい。
  交感神経を優位にさせることをしない(激しい運動、食事、仕事等)。
  寝酒は眠りが浅くなる。コンビニ、携帯画面を最小限に(サングラス)。
 ・2週間以上睡眠不足が続く方は一度睡眠外来等の受診を。我慢しすぎると結果長引く人が多い。

Q もっと詳しくききたいという方はどうしたらいい?
⇒協会けんぽ広島支部 082―568―1011まで。


出演:広島市健康推進課 久留原由佳さん(保健師)

Q 広島市では「定期的な運動習慣を持っていない人」が非常に多いそうですね。
  実際はどのような状況?
⇒・広島市は、「健康づくり計画『元気じゃけんひろしま21』」に基づいて、
  広島市民の健康寿命を延ばすことを目標に、さまざまな取組を実施。
 ・現状把握の調査の結果、39歳~64歳の働く世代を対象とした、
 「1日30分以上の運動を週2日以上、1年以上継続している方」の割合が
  近年悪化していることが明らかに。
  
  (平成22年度)男性31%、女性26%
 →(平成28年度)男性20%、女性18%
   ※どちらも10ポイント近く悪化

Q 運動は体にとっては大切なこと?
⇒・糖尿病、高血圧などのいわゆる「生活習慣病」は
  望ましくない生活習慣の積み重ねて生じてしまう病気。
  「生活習慣病」を予防するためには、「生活習慣」を整えることが大切で、
  食事・運動・睡眠のそれぞれに気を付けていただくことが必要。
 ・特に、運動は、取り組むことで生活リズムが整ったり、ストレス解消につながるし、
  しっかり体を動かすことでお腹が減ってご飯をしっかり食べることができたり、
  夜ぐっすりと眠ることにもつながる。

Q そこで、広島市がおすすめしているのが「ウォーキング」?
⇒・それぞれの好きな運動に取り組んでいただくことが一番だが、
  広島市では特に「誰でも」「気軽に」取り組める運動の一つとして
  「ウォーキング」の推進に注力。
 ・今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止になったものも多いが、
  各区保健センターではウォーキング教室やウォーキング大会を開催。
  各地域の見どころなどを紹介したウォーキングマップも制作。

Q (マップを見ながら)それぞれの地域で、素敵なマップを作ってる?
⇒・地域のみなさんがボランティアで参加し、
  区の保健師と一緒に実際にルートを歩いたり、
  地元のおすすめポイントを紹介してくださったりして、
  それぞれの地域でマップを制作。
 ・一緒にマップを作ったメンバーでウォーキンググループとして
  活動を続けているところもある。
  仲間ができることも運動を継続するためにとても大切な取組。

Q 仲間と一緒に歩くと楽しくて続けることができそう!
⇒・今はコロナのこともあり、なかなか人と一緒に運動することに難しさがあるかも。
  確かに、感染症対策の面では、人と人との距離を保つ、
  可能な範囲でマスクをつけるといった工夫が必要になるとは思う。
 ・一方、ウォーキングは一人でも手軽に始めることができる運動。
  広島市では、ウォーキングを楽しく続けるお手伝いができるように
  「ウォーキング認定制度」を設けている。
  毎日の歩数や歩行距離を記録していただき、
  一定の距離に達した方へ広島市長からの「認定証」と記念品の「オリジナルバッジ」と
 「広島広域都市圏ポイント発行引換券」をお渡ししている。
  個人で取り組むことができるので、ぜひ毎日のウォーキングの楽しみにしてほしい。

Q そういった楽しみがあると、ウォーキングを続けることもできそう。
  広島広域都市圏ポイントは、どのようなところで使える?
⇒・広島広域都市圏ポイントは、三原市エリアから山口県岩国市エリアまでの
  24市町で構成される「広島広域都市圏」の中で使える地域共通のポイント。
  加盟店でのお買い物に使ったり、地域の特産品などの抽選に応募できたりする。
  ぜひ歩いてポイントをためてください。
 ・広島広域都市圏ポイントやウォーキング認定制度については、
  広島市のホームページで詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。


出演:全国健康保険協会(協会けんぽ)広島支部 尾田 慎一さん

Q 全国健康保険協会(協会けんぽ)とはどんな団体?
⇒・主に中小企業で働く従業員とその家族など
  約4000万人が加入する健康保険を運営する日本最大の医療保険者。
 ・主な活動内容は、健康保険証の発行、各種健康保険給付、
  健康診断、保健指導、など実施。
  「健康経営」を県内の企業に広め、サポートする活動も行う。
 ・協会けんぽ広島支部には、広島県民の約4割が加入。

Q 「ヘルスケア通信簿」は、協会けんぽが発行しているんですね。
  ヘルスケア通信簿とはどんなものなんですか?いつごろ送られてくる?
⇒・ヘルスケア通信簿は従業員10名以上の協会けんぽ広島支部加入事業所を
  対象に送付。
  ・過去3年分の医療費・健診結果の集計値を記したもの。
 ・①従業員の医療費、②健診の受診率、③保健指導の実施率、
  ④生活習慣病リスク保有者の割合、⑤生活習慣をグラフにし、
  健康に関するデータを見える化したもの。
 ・広島支部全体や同業種の平均値との比較を行っているため
  自社の健康課題を一目で把握できる。
  ・今年度は2月5日に広島県内の事業所10,450社を対象に発送。

Q グラフになっているのでわかりやすい。
  健診の受診率が低ければ、受診を促せばいいし、血糖値が高い社員が多ければ
  社員食堂のメニューを変えてみるなど次の対応を考える上で参考になる。
⇒・結果は社内で回覧やメールなどで従業員にも情報提供できるほか、
  企業の衛生委員会や経営者会議などで健康課題を議題として活用もできる。
 ・大切なのは自社の健康課題や取組状況を会社と従業員が共有すること。
  従業員みなさんが健康づくりの取組を意識し、
  進めることで健康増進につながる。
  その結果、将来的な医療費の抑制や企業の生産性向上にも
  つなげていけることが期待できる。
 ・ヘルスケア通信簿は健診結果を集計したものなので、
  まず年に一度、健診受診を。
  コロナウィルス感染症で不安があるかもしれないが、
  健診機関でも感染ガイドライン等に基づき、
  換気や消毒など感染症予防対策をしている。

Q 尾田さんが特にこのヘルスケア通信簿の中で注目してほしいところは?
⇒・ヘルスケア通信簿のなかで注目していただきたいのは、
  医療費や糖尿病リスクの割合。
  広島支部の加入者は糖尿病リスクが全国平均より高いこともあり、
  協会けんぽ広島支部では糖尿病の重症化予防に注力。
  重症化するとさまざまな合併症を発症し医療費がかかるため、
  治療を中断されている方に治療再開を促すお知らせを送付。

Q ヘルスケア通信簿の結果を踏まえて、新たな取り組みを始めたい、
  でもどうしたらいいかわからないという場合は、
  協会けんぽで相談に乗っていただくことはできますか?
⇒・協会けんぽ広島支部に連絡すれば相談可能。
 ・ヘルスケア通信簿のデータの見方、
  生活習慣病リスクに合わせた運動・栄養・喫煙など
  健康づくりの提案、他社の健康づくりの好事例の紹介を行う。
 ・健康づくりの専門家が事業所にお伺いし、
  生活習慣病予防・健康経営・メンタルヘルスなど
  事業所に合わせたテーマで各種講座を実施。
  (現在はコロナの影響で止めているが、4月からは実施したい)

Q 自分の会社でも健康経営に積極的に取り組みたい場合はどうすればいい?
⇒・ヘルスケア通信簿から健康課題をみていただき、
  まずは健康経営に取り組みたい事業所は、
  協会けんぽの「ひろしま企業健康宣言」に申し込み。
  エントリーシートを記入し、協会けんぽにFAX。
  (エントリーシートは、協会けんぽ広島支部HPに掲載、
   ヘルスケア通信簿にも同封)
・宣言後に送付するチェックシートでまずは現状の課題把握が可能。
・協会けんぽ広島支部:082-568-1011 
  平日8:30~17:15 にお問い合わせを。


おひるーなプラス

おひるーな・トレーニング

共催

  • 広島市
  • 協会けんぽ広島支部

協賛

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30