おひるーなプラス~冷え症に負けない知恵~

出演:横浜市立大学教授 中村幸代さん

Q なぜ冷え症になるの?
 ⇒冷え症は、中枢温といわれる脳などの体の大切な部分と、
  末梢温といわれる手足などの体の末端の温度の差が大きく、手足の温度が低い状態。
  ヒトの神経系の1つである自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、
  交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキのような役目をしている。
  例えば、血管に交感神経が働くと手足の血管は収縮するが、副交感神経が働くと拡張する。
  つまり交感神経と副交感神経は、互いに協力しながら多くの器官をきめ細やかに調節している。
  また自律神経は、交感神経と副交感神経の働きをコントロールしている。
  そのため、自律神経の働きが弱くなることで、交感神経ばかりが働くようになると、
  手足の血管は収縮状態のままになってしまい、全身にめぐる血液量は減少する。
  このような状態になると、当然手足の体温は低下する。これが冷え症のメカニズム。

Q 冷え症のセルフチェック方法とは?
 ⇒おでこに手を当ててください。次にその手で、足を触ってみてください。
  足が冷たいと感じたら冷え症かもしれません。

Q 冷え症は女性の悩み、というイメージ。男性の冷え症もある?
 ⇒そもそも、ホルモンのバランスが崩れやすい思春期、妊娠期、更年期などは、
  自律神経の機能も不安定になるため、冷え症になりやすい。
  最近では、男性の冷え症も多くなってきているようで、
  原因の1つにストレスが考えられる。
  ストレスは冷え症の重要な原因です。

Q 冷え症を放っておくと、どんな病気や問題がある?
 ⇒私の研究では、冷え症である場合は、
  ない場合と比較すると早産の割合は約3.4倍に高まるという結果がでている。
  冷え症である場合は、ない場合に比べて、
  「肩こり」「腰痛」「便秘」「イライラ感」「頭痛」「下肢のむくみ」なども多くみられた。
  つまり冷え症であることは、病気のつながることも問題ですが、
  快適な日常生活を送る上でも影響が大きいと思う。

Q 冷え症は気を付ければ改善するもの?
 ⇒私の研究結果から申し上げると冷え症は改善します。
  しかし、日常生活の改善が必要ですので時間がかかります。
  ですから、女性であれば妊娠前から体を冷やさない日常生活を送ることが大切。

Q 冷え症を改善させるために、具体的にはどんなことに気を付ければいい?
 ⇒運動、服装、入浴、食事など日常生活の中で少し見直すことでも改善につながる。
  
(1)「服装」
 冷え症改善には「3つの首(首・手首・足首)を温める」とよいと言われている。
 薄い皮膚のすぐ下に太い血管が通っているため、
 首を温めることで、血行がよくなり、また温かい血液が流れるため、体があたたまる。

(2)「入浴」
 交感神経の働きが活発になるため、冷え症の観点からは熱めのお風呂はお勧めできない。
 39℃ぐらいのぬるめのお湯は、
 副交感神経のはたらきを高めて体の回復を促進するのでおすすめ。

(3)「ストレスの解消」
 私たちの身体はストレスを感じたとき、
 交感神経が働き、末梢の血管を収縮させて、脳の血流を増加して対処しようとする。
 適度な緊張やストレスは問題ないが、
 ストレスや緊張が大きい場合や長く続く場合は、
 交感神経ばかりがはたらいてしまう。
 自分に合ったストレス解消法を見つけてください。

Q 冷え症についてもっと知りたい方に参考になるものは?
 ⇒もし冷え症に興味があれば、
  日本看護協会出版の「根拠に基づく 冷え症ケア」がおすすめ。


カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

TOP