おひるーなプラス!~受けよう!元気じゃ健診~

出演:広島市役所健康推進課 田口実佳さん(保健師)

① 広島市の「元気じゃ健診」はどのような健診?
⇒・40歳以上の広島市国民健康保険や後期高齢者医療保険の加入者を対象に生活習慣病の
  早期発見及び重症化予防を目的として実施する健診。
  いわゆる「特定健診」、「メタボ健診」。
 ・健診項目は、血液検査、尿検査、血圧測定、身体測定。

② 「元気じゃ健診」はどこで受けられるんですか。
⇒・元気じゃ健診は、最寄りの医療機関、近所の公民館、集会所などで実施する集団健診、
  中区千田町にある「健康づくりセンター」で受けられる。

③ 年1回、「健診」で自分の健康状態をチェックするというのは本当に大切ですよね?
⇒・元気じゃ健診の受診にかかる時間は、混雑状況等により前後する場合があるが約1時間。
わずか1時間の検査時間で、20以上の病気が見つかる。

④ どのような病気が見つかるんですか。
⇒「高血圧症」、「脂質異常症」、「動脈硬化」、「糖尿病」、
 「心筋梗塞」、「痛風」、「肝炎」、「肝硬変」、
 「アルコール性肝臓病」、「甲状腺機能低下症」など。

⑤ もし健診で病気が見つかったらどうしたらいいですか。
⇒メタボの基準に該当した方は、特定保健指導を無料で受けられる。
 医療機関や保健センターで生活習慣の改善に向けたアドバイスを受けることも可能。
 また、特定保健指導の対象にならない場合でも、健康で気になることがあれば、
 保健センターの健康相談等で生活習慣改善のためのアドバイスを受けたり、
 医療機関への受診方法などを相談することもできる。

⑥ ちなみに「元気じゃ健診」は、いくらで受けられますか。
⇒費用は全員無料。
 元気じゃ健診と同じ内容の検査を医療機関で自費で受けると約9,500円かかるが、
 元気じゃ健診の受診券を使うと無料で受けられる。

⑦ 多くの方が受けられている?
⇒特に令和2年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、健診を受ける方が半減。
 糖尿病などの生活習慣病はコロナの重症化リスクを高めることが分かっている。
 コロナの重症化リスクをコントロールする意味でもぜひ健診を受けていただきたい。
 健診実施機関では感染症対策を徹底していますので、安心して受診いただけます。

⑧令和3年度は新たな取組を始められるそうですね。どんな取組ですか。
⇒・令和3年度は日中仕事などで忙しく、健診を受ける時間のとれない方に健診を受けていただけるように
  夜間の集団健診を開始。健診の受付時間は18時から19時30分。
  夜間の健診は、年間5回ですが、いずれも予約制。予約は4月中旬から受付。
 ※詳しい日時・会場は明日(4/1)発行の市民と市政(各区版)または4月中旬に発送の
  元気じゃ健診の受診券に同封してある受診場所一覧に情報を載せているので確認を。
 ・「がん検診」と「元気じゃ健診」を7月までに受診された方に抽選でカープグッズをプレゼント。
 
⑨どんなグッズがもらえるんですか?
⇒「カープ坊や」や「スライリー」のイラスト入りのTシャツやネックウォーマーなどが
 680名に当たります。
 
⑩応募方法などを教えてください。
⇒・広島市国民健康保険に加入する40歳から74歳の方で、
  令和3年7月31日(土)までにがん検診
(広島市の胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診、乳がん検診、子宮頸がん検診のうち1種類以上)と
 元気じゃ健診の両方を受診された方が対象。健診(検診)を受診するとエントリー終了。
 当選された方には9月末頃にカープグッズが届く。
 


カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

TOP