おひるーなプラス!~人気のサ活!健康を意識したサウナの入り方

出演:東京都市大学人間科学部 学部長 早坂信哉教授

Qサウナとお風呂では大きく違いますが、サウナのメリットとはどんなところにあるのでしょうか?
⇒・お風呂と違って水圧・浮力がない。温熱効果だけ。
  負荷が小さいので、ミストサウナのように温度の低いサウナであれば体に優しい。

Q デメリットもありますか?
⇒・水圧がないのでマッサージ効果がない。浮力がないので、リラックス感もない。
 ・サウナの温度も問題。交感神経をあまりに強く刺激することは避けたい。
 ・頭があたたまりすぎるのはサウナの欠点。

Q サウナの温熱効果を高める入り方とは?
⇒・熱いのを好きな方が多いが、健康面を考えると
  ぬるめの60度くらいまでが体に負担がなく、いい。
  頭をあたためすぎないほうがよい。

Q サウナに入る上で注意することを教えてください。
⇒・人のまねをして無理をしないこと。自分の心地いいと感じる入り方をすることが大切。
 ・体を冷やすために急激すぎる温度変化にしない。
 ・べたべた汗がでるまで無理してはいることはしない。

Q 水分補給の仕方は?
⇒サウナに入る前にもコップ1-2杯の水分補給を
 何セットか行う場合は途中もコップ1-2杯の水分補給を
 飲むものは水でもよいがミネラル入り麦茶や牛乳、イオン飲料が体への吸収が良い。
 最近はイオン飲料に他の飲み物(オロナミンC)を
 ミックスさせる飲み方も流行っているようです。

Q 入浴についてもっと知りたいという方に、おすすめの本が出たそうですね?
⇒7月に山と渓谷社から「おうち時間を快適に過ごす入浴は究極の疲労回復術」を出版しました。
 入浴に関する最新研究結果の他、お家のお風呂で
 コロナ疲れを和らげる入浴方法など、今役立つお風呂の情報を満載しています。


カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TOP