おひるーなプラス!~コロナが心配な今だからこそ、歯科検診を受けよう!

出演:広島市歯科医師会 会長 熊谷 宏先生

【以下、質問】
Q.新型コロナウイルスの感染拡大で、
  一時は受診控えも大きく取り上げられていましたが現状は?
 ⇒先日広島県歯科医師会が行った調査によると、
  昨年の6月・7月あたりはかなりの受診控えがあった。
  新型コロナウイルス感染症という病気や、
  歯科診療所できちんとコロナ対策がされていることが
  理解されてきたことなどから、少しづつ改善の傾向がある。
  しかし、コロナ感染拡大前から比べると
  まだ完全には戻っていないように思う。

Q.そもそも激しい受診控えが起こったのは、
  誤った情報が発信されたことがきっかけだったんですか?
 ⇒昨年5月にアメリカのニューヨーク・タイムズという新聞が、
  もっともコロナに感染しやすい職業が歯科医師や歯科衛生士だ、
  という記事を出した。
  これは、歯科医師という職業が患者さんから感染するリスクが高い、
  ということを言っているが、これを日本では、さも歯科治療で
  患者さんが感染するリスクが高いかのように
  取り上げられたことがきっかけ。
 ・しかし、歯科治療は御存知の通り
  患者さんの唾液や血液といった体液に日常的に接する仕事で、
  これまでも、肝炎やエイズといった感染症への対策を
  ずっと行ってきた。
 ・実際、歯科医院でクラスター発生!といったニュースもあったが、
  それは、歯科医院スタッフが外での会食で感染し、
  それがスタッフルーム等で他のスタッフ間で感染したという
  どこの職場でも起こっていたことで、
  歯科治療を介して患者さんから歯科医師へ、
  また歯科医師から患者さんへ感染したという報告は
  今日に至るまでない。

Q.歯科医院での対策や正しい知識を知ってもらおうということで、
  広島市歯科医師会では動画「不安な歯医者」を作成し、
  You Tubeで公開されましたね?
⇒・広島出身のタレントさんである、さいねい龍二さんと、
  岡崎花帆子さんにご出演頂いてこの動画を作成した。
  すでに4万回以上の再生回数となっている。

Q.この動画の中では、感染症対策の一つとして、
 「口腔外バキューム」という機械が取り上げられていました。
  この機械を導入することでどんなことが期待できるのですか?
⇒・歯科治療が感染のリスクが高い理由は、
  歯を削るドリルや歯石をとるときの器具は、
  水のスプレーを歯に噴射しながら行うため水しぶきが飛ぶ。
  この飛沫の中に患者さんの唾液が入っている可能性があるので、
  万が一それを歯科医師や歯科衛生士が吸い込んでしまうと、
  スタッフが感染する可能性がある。
 ・口腔外バキュームというのは掃除機のようなもので、
  患者さんの口から飛び散った飛沫を、
  口の外でただちに強力な吸引力で吸い込むため、
  非常に高い感染予防効果がある。
  スタッフはそれに加えて、マスク、
  そしてフェイスシールドもしているため、
  たとえ患者さんがコロナ陽性であっても、
  患者さんから感染するリスクはほとんどない。

Q.「口腔外バキューム」はどの歯科医院にも置かれているもの?
⇒・広島市歯科医師会では、広島市の補助も頂いて、
  広島市内の歯科診療所に口腔外バキュームを普及させる活動を行った。
  その結果、ことし5月現在で、
  広島市内の歯科診療所の約88%に口腔外バキュームが設置されている。
 ・おそらく、全国的にダントツに高い設置率だと思うので、
  広島市民の皆さんは安心して受診していただければと思います。

Q.広島市では節目年齢歯科検診ということで、
  歯科検診を500円で受けられる機会もありますし、
  そちらも利用してみるのもいいですね。
⇒・対象年齢は30.35.40.45.50.60.70歳で、
  誕生日の月に広島市から
  節目年齢歯科健診の受診ハガキが皆さんのところに届くので、
  それを持参して歯科を受診。
 ・定期的な検診がおくちの健康を保つ一番の方法ですから、
  是非利用されることをおすすめします。
  なお、検診でみつかったむし歯の治療や
  歯石を取ったりする歯周病の治療に移行した場合には
  医療費がかかりますので、その点はご了解いただければと思います。

Q.広島市以外の自治体でも、歯科検診を受けられる機会はあるんですよね?
⇒広島市以外にお住いの方も各自治体で歯周病検診が行われている。
 お住まいの自治体に問い合わせてみてほしい。

Q.お口の健康を考えることが、
  結果的に全身の健康を考えることにつながるわけですね。
  広島市歯科医師会では、
  おくちの健康に関するイベントなども行われているそうですが?
⇒・広島市歯科医師会では、市民の皆様に歯とおくちのことを
  知っていただけるようなイベントをずっと開催してきたが、
  コロナ感染の拡大で、昨年そして今年の6月も開催できず。
 ・今年は、11月8日の「いい歯の日」にあわせ、
  11月の1ヶ月間、インターネットのHP上での開催という形で
  実施することにした。
  広島市歯科医師会オリジナルキャラクター「ハハ姉妹」が
  ナビゲーターを務め、楽しく歯とおくちのことが学べる内容。
  このおくちの健康展は、広島県歯科衛生会、
  広島県歯科技工士会広島支部、そして広島県栄養士会との共催で、
  それぞれの会からも楽しいコーナーを作ってもらっている。

 ・「広島市歯科医師会」と検索
  ⇒広島市歯科医師会のHPから、おくちの健康展WEBサイトがみられる。
  https://www.okuchinokenkoten.com/

 ・広島市にお住まいの方には、プレゼントの当たるクイズもあるので、
  楽しみながらおくちの健康について学んでいただきたい。


カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

TOP