おひるーなプラス!~オーラルフレイル~

出演:広島市歯科医師会 藤田智明先生

Q オーラルフレイルとは?
⇒直訳すると「お口の虚弱」という意味。
 加齢とともに、全身の筋力や機能が衰えていきますが、
 お口の筋肉や機能も同時に衰えていくことを指します。

Q オーラルフレイルは何が原因?
⇒主に、むし歯や歯周病で歯を失ってしまったけど、
 適切な治療を受けていなかったり、
 加齢による口の周りや舌の筋力の低下が原因。
 ものをしっかり食べるには、噛む力と飲み込む力が必要だが、
 むし歯や歯周病などで歯を失うと噛む力が弱くなり、
 硬いものが食べにくくなる。
 また、お口の周りの筋肉が低下すると、
 食べこぼしや食べ物や唾液が間違って気管に入ってしまう、
 誤嚥といったオーラルフレイル特有の症状を引き起こす。
 しっかり食事をとり、元気でいるためには、
 この気付きにくいオーラルフレイルにも注意が必要。

Q オーラルフレイルの疑いがある方はどのくらいいる?
⇒広島市において調査したところ、
 20パーセントの高齢者に何らかの口腔機能の低下がみられる。
 5人に1人の方がオーラルフレイルの疑いがあると言える。

Q オーラルフレイルを放っておくと、どんなことが懸念される?
⇒一番は、食事を楽しめなくなること。
 オーラルフレイルが進行すると、
 柔らかいものしか食べてなくなるなど、食べるものが限られてきたり、
 ひどくなると食事が偏り、心身の健康にまで影響を及ぼし、
 全身に影響すると言われている。

Q オーラルフレイルを進行させないために、
  どんなことに注意したらよい?
⇒最初に話題となった、
 「硬いものが噛みにくい」「むせるようになった」
 「口が乾く」などの症状があったら、
 年のせいかなと思わずに、歯科医院や地域包括支援センター等に相談を。

Q 日頃から自分でできるお口のトレーニングを教えてください。
⇒トレーニング方法は、様々。
 舌を鍛える道具を利用したり、発声練習、口の体操等がありますが、
 意識して口を動かすことが大事。

Q 働く世代、特に20代、30代の若い世代には、
 自分はまだ関係ないのでは・・・という方もいるかも。
 若いころから気を付けるべきことがあれば教えてください。
⇒健康なうちは、よくしゃべって、よく笑って、歌ったりと
 日頃から口を動かすことが大事。
 1口30回噛むといいと言われていますが、
 これもオーラルフレイル予防に効果的。

Q お口の健康を保つためにも、
 定期的な歯医者さんへの受診も大切ですね?
⇒むし歯や歯周病等、お口にトラブルがあると、
 例えば人前で笑うことが恥ずかしくなったり、
 口臭が気になって、話すのが嫌になったり、
 最近ですとマスク生活で口呼吸になりがちというデータもある。
 口呼吸は口の周りの筋肉を衰えさせると言われている。
 日頃から、お口のトラブルをケアして、
 健康な口、何でも噛める歯を守っていくことが大事。

Q お口の健康は全身の健康に大きく影響するといいますし、
 気になることがあれば早めに相談したいですね。
⇒要介護状態になる理由として、病気がありますが、
 病気というより、全身の虚弱、衰えが原因で
 そうなる方の方が多いと言われている。
 これを全身のフレイルと言いますが、
 オーラルフレイルは、この前段階と言われている。
 全身より先にお口がよわる症状が出るということです。
 年のせいと、あきらめずに、口の機能や歯のトラブル等、
 違和感を感じたらすぐ相談してほしい。


カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TOP