おひるーなプラス!~病気別にみるおすすめの画像診断~

出演:霞クリニック 島村泰輝先生

Q 改めてCTとMRIの違いを教えてください。
⇒【CT】放射線を当てることで、
 短時間で体のどこでも輪切りにする検査。
 早く全体像をつかむのに適しており、
 全身どこでも撮影する事が可能。特に肺に強いです。

 【MRI】簡単に言えば磁石の中に体を入れて撮像する。
 時間もかかるし、1回で撮像できる場所も限られているが、
 その代わりに写した所の状態を詳しく見ることが出来る。
 頭や胸、子宮卵巣や精巣、手足など、あまり動かない所に適している。

Q 続いて、病気別にどの画像診断が適しているのか教えてください。
 女性に最も多いがんといえば乳がんですが、
 こちらはどんな方法がいいですか?
⇒乳がんはマンモグラフィーで検診する事が一般的。
 簡便で早く終わる検査なのですが、挟むことに抵抗感があったり、
 今までに検査を受けて痛みなどで不快感を持った方もいるかも。
 そういった方にはMRIを撮像することで
 小さな病変であっても痛み無く見つけることができる。

Q 乳がんの検診がMRIでできるんですね?!
 痛みがないということですが、どんな検診なんでしょうか。
⇒まずは検査用の服に着替えてもらい、体に金属がないかを調べます。
 あとは検査室で横になっていただき、撮影するだけです。

Q 続いて、男性に多いがん・前立腺がんはどうですか?
⇒前立腺がんの検診もMRIが有効。
 前立腺とその周囲のリンパ節や臓器、
 遠隔臓器をCT、MRIの画像に映し出すことによって、
 がんが前立腺内にとどまっているのか、
 周囲の臓器に浸潤しているのか、
 または遠隔臓器やリンパ節に転移しているのか、などを確認できる。

Q それぞれの検査はだいたいどのくらいの時間がかかるんですか?
⇒乳がん、前立腺がんとも大体20-30分で撮影は終了。
 あとは前後にお着替えする時間がある。

Q 検査結果はすぐにわかるんですか?
⇒早いところで当日わかるところもある。
 1週間程度で結果が出る。

Q 放射線被ばくなど、副作用の心配はないのでしょうか?
⇒検診では造影剤を使いません。
 また、放射線も出ないので被曝の心配もない。
 ただ、閉所恐怖症の方は検査が難しいときがある。
 そして以外と自分が閉所恐怖症かどうかは、
 実際に検査受けてみるまで知らなかったという方が多い。

Q 私たち、患者にとってCTやMRIといった検査を受けることは、
 がんの早期発見という意味で有効ですよね。
⇒その他の診断方法、問診や視診、触診だけでは、
 たとえばがんを早期発見するのは困難。
 画像診断によって、がんの病巣がどこにあるか、
 どのぐらいの大きさか確認することが欠かせない。
 CT、MRIは小さな病巣や変化を見つけることができ、
 主に精密検査として位置づけられることが多い。

Q 最後に、画像診断を受けてみたいという方は
 どうしたらいいでしょうか?
⇒県内にも画像診断が受けられる病院がいろいろある。
 ぜひお近くの放射線診断専門医がいる病院を探してみてください。

 霞クリニックでも、肺がん検診や、
 脳ドックを主体とした検診を実施。
 検診・紹介、いずれの場合でも電話やメールでお問い合わせください。


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

TOP