広島家族。元気じゃけんいきいきプロジェクト 広島家族。元気じゃけんいきいきプロジェクト

おひるーなプラス!~フレスタの健康経営~

出演:株式会社 フレスタホールディングス 
   執行役員 管理本部本部長 渡辺 裕治さん

Q「ヘルシストスーパー」にはどんな思いが込められているのか教えてください。
⇒・人生100年時代と言われ、長く働き続けることが当たり前になっている世の中で、
  健康寿命が大きなテーマになっている。
  地域のインフラとして、お客様の生活に寄り添い、
  健康寿命を本気で考える会社になりたい。
  そこで、9年前からヘルシストスーパーを標榜し、
  “健康に関する選択肢が最も多い、最上級の健康提案企業を目指している。
 ・健康を支えるスーパーとして、働く人も健康でないと説得力がないので
  従業員の健康向上にも取り組んでいる。

Q 今年度の健康経営として、特にどんな点に注力されたのでしょうか?
⇒・この1年もコロナに振り回された感が否めない。
  他人と話をしてはいけないと言われると、
  コミュニケーションが気軽に取れなくなり内向きになりがち。
  関係性を重視し、チームの力でやりくりしている企業なので、
  悪化しないように、2年ぶりに全社員の面談を実施。
 ・感染対策をしながら、出来る限り集まる研修を復活させたり、
  社外の方との交流を促したりしながら、社内の関係性を維持する取り組みを実施。

Q フレスタでは濃厚接触などによって出勤できなかった従業員のケアにも
  力を入れられたそうですね。
⇒感染者や自宅待機者も出たが、その方々に罪はない。
 社内ルールの中で特別有給休暇をしっかり付与し、
 一人暮らしで支援が必要な従業員には弊社の生鮮宅配のエブリディフレスタを使って、
 商品を届けたりして、安心感を作ることに注力した。

Q 従業員のための健康の取り組みとして
  新たな取り組みを企画されているそうですね。
⇒3月1日から「カラダアップデートチャレンジ」をスタート。
 毎月、月替わりでテーマを設定、季節の食材を食事に取り入れてもらいながら
 運動とセットで健康を推進していく取り組み。
 例えば3月であれば、健康テーマを「免疫力アップ」と設定。
 従業員はこの「免疫力アップ」というテーマに関する健康コラムや
 運動動画をデジタルツールで受け取る。
 また、アプリでこのテーマに沿った従業員限定のクーポンも届くので、
 これらを活用することで健康知識をアップデートしてもらい、
 実際に行動に移してもらおうというもの。
 インセンティブとして、スマイルカードでポイントを付与していくような取り組みも検討。

Q この取り組みを通してどんなことに期待されていますか?
⇒自分の健康も向上しますし、お客様への提案にもつなげられる可能性がありますので、
 地域の健康として目指していく。


カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

TOP